無料ブログはココログ

ブックマーク

史跡

2013年3月 9日 (土)

菅原神社の枝垂れ梅

3/2の夕方、町田の自宅近くの菅原神社の枝垂れ梅を見て来ました。立派な枝垂れ梅が毎年咲くので時期的に咲いていると思い、出掛けました。枝垂れ梅は6分咲きくらいでしたが綺麗に咲いていました。

P3012620
菅原神社には自宅から自転車で11分で着きました。

P3012611
鳥居の近くで紅梅が咲いていました。

P3012758
新社殿が昨年の8月に完成したようです。江戸天明期以来273年ぶりに新拝殿となったようです。

P3012649
本数は少ないのですが枝垂れ梅が咲いていました。

P3012668
この木は高木で見応えがありました。

P3012728
地面のすれすれまで枝が伸びています。

P3012710
6分咲きくらいでしたので今週末までは見頃が続くと思います。

P3012716

P3012690
枝垂れ梅が咲いている場所は井出の沢古戦場の史跡となっていて、石碑があります。

P3012674

P3012633
鎌倉を目指す北条時行軍と、それを食い止めようとする足利直義軍との間で激しく合戦が繰り広げられたと伝えられています。
(クリックで拡大します)

P3012683

P3012703
紅梅も咲いていました。

P3012624

P3012746
境内末社の「愛宕社」 火伏せの神様をお祀りしています。

P3012632
写真を撮影した時に参拝がする人が結構いました。

走行距離 8.8km

この日は午後4時45分に神社に着いて、帰るときは5時半でした。段々と日が長くなってきました。菅原神社は小学生の頃は歩きの遠足で来たこともあります。この場所が井出の沢古戦場であることは案内板を見て、数年前に知りました。

話しは変わりまして先日知ったのですがChrome、Firefoxでないと出来ませんがGoogleで「askew」「斜め」と検索すると傾き、「do a barrel roll」「一回転」と検索すると画面が一回転します。

Round_2
(クリックで拡大します)


菅原神社

2013年2月24日 (日)

府中市郷土の森博物館のロウバイの小径

2/10はいつも拝見しているブログの記事で府中市郷土の森博物館のロウバイが見頃であることを知りまして、自転車で出掛けました。この施設は初めて訪れましが100本程のロウバイは見頃を迎えていました。あまり、見掛けない、ロウバイ(原種)を見ることが出来ました。梅も60種1100本あるそうですが早咲きの品種が少し咲いている程度でした。

P2101517
府中市郷土の森博物館は多摩サイクリングロード沿いにあります。正面の橋は関戸橋です。

P2101519P2101934
府中市郷土の森博物館に自転車で1時間で着きました。大きなロウバイの小径に案内板がありました。おかげさまで開館25周年の看板がありました。

P2101530
梅まつりの催しの野点茶会です。

P2101540
白加賀枝垂 梅はほとんどが蕾でした。

P2101592
ロウバイの小径です。約100本のロウバイが満開で見頃でした。ロウバイ、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイが咲いていました。

P2101597
マンゲツロウバイ

P2101631
マンゲツロウバイの黄色は色鮮やでした。満月のように丸みを帯びています。

P2101617
ソシンロウバイです。ロウバイの小径の6割がこの品種でした。花弁の中央が少し褐色になっていました。

P2101619
満開のソシンロウバイです。

P2101636
初めて見る、ロウバイ(原種)です。素朴な感じでした。

P2101665
ソシンロウバイは早咲き、ロウバイとマンゲツロウバイは遅咲きと記されていました。マンゲツロウバイはソシンロウバイの原種だそうです。
(クリックで拡大します)

P2101654

P2101664
ロウバイの小径は施設の南側の多摩川傍にあります。
(クリックで拡大します)

P2101736
梅は60種1100本あります。早咲きの品種が少し咲き始めていました。

P2101710
八重野梅

P2101731
八重寒紅

P2101749
唐梅

P2101789
府中市郷土の森博物館には公共建築物、農家、町屋などの復元建築物も沢山ありました。この建物は旧島田家住宅です。島田家は旧甲州街道・府中新宿の商家です。移築・復元したのはその店蔵(みせぐら)部分です。

P2101815
旧府中町役場庁舎 この建物は大正10年に竣工した府中町役場です。ドーマウィンドウなど洋風を多く取り入れながら、裏側に和風建物が接続する特色のある建築です。多摩地区に現存する最古の役場建築です。


P2101817
旧府中郵便取扱所(旧矢島家住宅)
府中では矢島九兵衛が郵便取扱役に任命され、その居宅が郵便取扱所に当てられました。入口、左に郵便窓口があります。

P2101826
旧府中郵便取扱所の屋内にひな人形が展示されていました。

P2101831
まいまいず井戸
地面を大きくすり鉢状に掘りくぼめ、その底面から掘り抜いたものです。「まいまい」はかたつむりの別名でその名が付きました。

P2101850
道に出てしまい、何処に行ったらよいか迷っている、カモがいました。しばらくして、無事に池に戻りました。

P2101779
旧河内家住宅(ハケ上の農家)
河内家は市東北部にある浅間山の南を東西に走る人見街道に面した旧人見村にありました。

P2101773
棒屋実演がされてました。

P2101872
大きな木のマンサクがありました。

P2101885
復元建築物が並んでいます。
(クリックで拡大します)

P2101888
旧府中尋常高等小学校校舎です。

P2101933
昔の教室が再現されています。右奥にダルマストーブがあります。

P2101903_2P2101904
府中ゆかりの詩人、村野四郎の記念館を1階に併設されています。

P2101936P2101944
博物館本館1階特別展示室では特別展「江戸時代の多摩を掘る」が行なわれていました。右の写真は布中宿跡の出土品です。

走行距離 31.2km

府中市郷土の森博物館は前から知っていて、一度行きたいと思っていました。ロウバイは沢山あって、見応えがありました。行くときに多摩サイクリングロードからロウバイが咲いているのが見えました。梅は60種1100本もあって、梅の名所のようです。公式HPの開花情報では2/22でもメインの中咲きの梅の品種は未だ蕾の状態でした。今年も昨年と同様に厳しい寒さが続いているので開花が遅れいるようです。

左目の炎症は回復して、痛みが引いて安心しました。目の病気は急性緑内障とかあるので注意しないといけないです。

府中市郷土の森博物館

2013年1月 1日 (火)

2013年の初日の出

あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。


今年も町田市七国山の近くに初日の出を自転車で見に行って来ました。関東地方は終日晴れの予報でしたので初日の出を見れると期待して行きましたが見学ポイントに訪れると稜線は曇っていました。初日の出の直後は太陽の丸い輪郭を見ることが出来ましたが次第に雲に隠れてしまいました。気温は4度くらいでとても寒かったです。

P1010883
七国山近くの道路沿いの畑です。稜線以外は雲ひとつないのに稜線は雲で蔽われていました。

P1010962
畑一面が霜柱で白くなっていました。

P1010908
6:50:44 初日の出の時刻になりました。太陽ははっきりと見えませんがご来光を見ることが出来ました。

P1010912_2
6:51:12

P1010918
6:52:28 太陽の丸い輪郭がはっきりと見え始めました。

P1010921
6:52:48 初日の出の瞬間を何とか見れました。

P1010927_2
6:53:31

P1010947
6:56:31 次第に太陽が雲に蔽われてしまいました。

P1010949
今朝はとても寒かったのですが40人以上の方が訪れていました。

P1010981
この場所からスカイツリーがよく見えました。

P1010991
初日の出を見た場所から50m位の場所の道沿いに市指定史跡の鎌倉井戸があります。鎌倉時代に掘られたもので一説には新田義貞が鎌倉攻めを行った際、行軍途中でこの地に井戸を掘り、軍馬に水を与えたものだと伝えられています。

P1010993
右の道が初日の出の見学ポイントで左の道は鎌倉古道上ノ道です。

P1010994
鎌倉古道の道標があります。
 
P1010997
鎌倉古道を少し歩きました。かつて鎌倉から町田・府中・所沢・高崎を超え信州・上州方面を結んでいた古道が残されています。

P1011000
今日はこの場所で引き返しました。

走行距離 6.2km

今日は晴れていたのもあって、いつもよりも大勢の方が訪れていました。短い時間でしたがはっきりと初日の出を見ることができました。かなり気温が低かったのですがスキーウェアの上着を着ていたので寒さをあまり感じませんでした。帰りに防寒手袋をしてこなかったので指先が寒さで切れてしまいました。31日はアクセス数が増えているので何事かと思いましたら、「2012年の初日の出」の記事にアクセス集中していました。

七国山の近くの見学ポイント

2012年12月23日 (日)

相模原公園のメタセコイアの紅葉

日にちが過ぎてしまいましたが12/8は相模原公園のメタセコイアの紅葉を見に行って来ました。今年は見頃を過ぎていました。隣りの麻溝公園の展望塔からの紅葉を楽しみにしていたのですがこちらも残念ながらかなり落葉して、ピークを過ぎていました。公園内には紅葉してる木もあって、名残りの紅葉を楽しめました。

Dscf2457
中淵二本松(まつくれっぱ)
JR横浜線の立体交差道を出口で案内板があったので見てみると、この松は少し離れた場所の十字路にあった、中淵二本松を偲んで新たに植樹したものだそうです。何度も前を通っていましたが今まで気が付きませんでした。当時の二本松は「まつくれっぱ」と呼ばれ、遠くからはっきり見えるほどの大樹で旅人の道標になっていたようです。

Dscf2458
相模原公園入口信号、近くの倉庫のイチョウが毎年、綺麗に紅葉しますが今年はかなり散っていました。

Dscf2462Dscf2463
紅葉を見るために麻溝公園の展望塔に上りました。右の数字の38は展望室の高さ38mです。

Dscf2466
今年は訪れるのが遅かったです。かなり落葉していました。何時もは見事な紅葉がみれるのですが…。

Dscf2474
中央奥の霞んで見える高層の建物はランドマークタワーです。スカイツリーは見えませんでした。

Dscf2482
相模原公園の紅葉です。

Dscf2514
相模原公園のメタセコイヤの紅葉はピークは過ぎていましたが楽しめました。

Dscf2497
昨年に続いて、今年もイルミネーションはされないようです。

Dscf2526
見本庭園の建仁寺垣

Dscf2530
緑の街のイロハモミジが綺麗に紅葉していました、

Dscf2539
緑の街にクロガネモチの木がありました。

Dscf2535
クロガネモチの実がたくさん生っていました。

Dscf2541
この時期に菜の花が咲いていました。

Dscf2544
熱帯植物園のグリーンハウスは来年の1月5日から9日までは新春フェアで入館無料のようです。期間中は相模の大凧が展示されるようです。
(クリックで拡大します)

Dscf2554
池にカモがたくさんいたので撮っていたら、公園の方が直近くにカワセミがいますと教えていただいたのですが今日は3倍ズームのカメラでしたので撮れませんでした。

Dscf2560
グリーンハウスの前です。

Dscf2570
麻溝公園のフェンスにクレマスチのカリシナが少しですが咲いていました。
クレマスチで有名な公園で230種8000株が植樹されます。

Dscf2574
麻溝公園の駐車場沿いの歩道がイチョウの絨毯で埋め尽くされていました。こういう光景が好きです。

Dscf2580
手前の木はジンチュウゲです。

Dscf2594
麻溝公園の入口の名前を刻んだ石の上にクレマチスの葉が乗っているのを何度も訪れているのに初めて気が付きました。

走行距離 17.5km

今年は訪れるのが遅くて、紅葉のピークが過ぎてしまいました。昨年は同じ時期に訪れても見事な紅葉を見れました。この日の土曜日は天気がよかったのですが最近、土曜日に雨が降ることが多いです。来週の土曜日の予報も雨マークが付いています。

記事を更新できなくてすみません。以前にも書きましたが最近、深夜帰宅が多くて、中々更新できません。特に今週は午前1時頃に帰宅することが多くて、6時半に起きるので4時間位の睡眠時間でした。それでも、13時間休憩せずに仕事をしても眠くなることはあまりなくて、体が馴れてしまっています。これは実際には体には大きなダメージを受けているのでとても怖いです。2年半前に同じような状況で突然大病に伏してしまった経験があるので無理して、記事を更新しないようにしています。週末も疲れて、記事を更新できないです。先日、忙しくて、朝、買った昼食の弁当を食べるのを忘れて、翌日、その事を忘れていて、新しい弁当を買ってしまいました。仕事で緊張していると空腹感もなくなることがあります。よく、芸能人が忙しくて、3時間の睡眠時間しかとれない話しを聞きますが人の体の適応はその生活に慣れてしまうと全然平気になってしまいます。そういう生活をすると実際は体にはよくなくて、後で結果として、私の場合は重い病気になってしまいました。

中淵二本松


麻溝公園・相模原公園

2012年11月 2日 (金)

鉄道発祥の地 品川駅の風景

品川駅には鉄道に関わる記念碑が幾つかあります。日本最初の商用の鉄道は明治5年に新橋(汐留)~横浜(桜木町)間に開通しましたが、その半年ほど前に品川~横浜(桜木町)間で仮開業しています。つまり、品川駅は桜木町駅と共に日本で最初の鉄道駅なのです。

Image325
品川駅創業記念碑

Image326
品川駅の高輪口の駅前ロータリーの中に品川駅創業記念碑があります。品川駅では明治5年5月7日(新暦6月12日)を駅の開業日にしています。新橋~横浜)間の本営業に先立ち、品川~横浜 間で仮開業開始しています。品川駅は日本で一番古い駅になります。

Image291
JR品川駅の1番線(山手線)ホームの中央付近に「鉄道発祥の地」と書かれた、タイルがあります。「山手線0km」と書かれている意味は「山手線の発祥の駅」であって、山手線の起点駅となっているためです。

Image292
5・6番線ホームの東京寄り先端に「安全祈念碑 品川駅開業130周年記念」と記された記念碑があります。鉄道の安全・安定輸送への願いを込めて、建てられました。

Image285
品川駅構内のecute品川の入口に「郵便ポスト&0kmポスト」があります。ポストは投函されている方もいて、使われていました。

案内板の説明
この郵便ポストは、品川駅改良・ecute品川の誕生を記念してJR東日本・東京総合車両センターで製作されました。国鉄時代に活躍した荷物兼郵便車「クモユニ」をイメージした形に、東海道線電車の湘南色で仕上げ、鉄道発祥の地“品川”に相応しい「郵便車型ポスト」といたしました。
0kmポストは,鉄道の路線の起点を示す標識で、品川駅には山手線と品鶴(ひんがく)線の2線の0kmポストがあります。山手線は一回りしているため、起点があまり知られていませんが、品川から新宿を経由して田端までを指します。

Image336
品川駅の港南口です。正面のビルはアトレ品川です。

Image338
港南口の超高層ビル群です。

Image322
こうなん星の公園 NTT品川ツインズビルの前にある公園です。

Image305
こうなん星の公園の歩道沿いに自転車シェアリングの社会実験のポートがあります。自転車シェアリングとは、エリア内にあるどのサイクルポートでも貸出・返却ができる、自転車の共同利用サービスです。社会実験は来年の1月31日まで実施されます。

Image309
レンタルサイクルとの違いはポート間で乗り捨てができ、24時間利用可能です。欧米では自転車シェアリングは普及してるそうです。

Image329
スイカ、パスもなどのFelica搭載のICカードや携帯電話があれば、この端末で手続きを行なって利用できます。一時利用の場合は30分100円です。

Image318
こうなん星の公園には地下機械式収納の自転車駐車場があります。この地下に1020台の収納可能な駐輪場があります。

Image316
自転車を置くと、自動的に収納がされます。

Image297
9月30日から使用開始されました、小田急線の地上急行ホームにある、ホームドアです。

Image299
工事は8億円だそうですがホームドアを設置するためにホームを補強する工事が必要になり、設置費用がかなり掛かるようです。工事費の高さがホームドアの普及が中々進まない原因と思います。

Image274
都の広告条例に抵触する可能性があるとして、姿を消していた、 小田急線の「ドラえもん電車」が復活していました。

品川駅が鉄道発祥の地であることを最近知りました。駅構内と周辺に記念碑が幾つかあることもインターネットで知りました。これもあまり知られていないことかもしれませんが品川駅のある場所は 実は港区で品川区ではありません。鉄道建設当時、 品川駅は東海道品川宿地区に置かれる計画でしたが、 「鉄道駅ができると宿場がすたれる」という危機感から 地元が強硬に反対し、 やむなく 品川区に隣接する 港区高輪地区に置かれることになったようです。写真は携帯電話で撮った写真です。

品川駅創業記念碑


こうなん星の公園

2012年7月19日 (木)

小山田神社のハスが咲き始めていました

7/15の午前中に自宅近くの町田市の小山田神社周辺の大賀ハスを見に行ってきました。ハスは5分咲き位で蕾の方が多かったです。ここのハスは観賞用ではなく、広い水田に農業用のハスが栽培されています。この日は宮ヶ瀬の林道にツーリングする予定でしたが午前9時に山沿いでは所々雨が降っていたのでやめて、次の日に行くことにしました。

Dscf9009
町田市大賀藕絲館(おおがぐうしかん)
小山田神社周辺で採れたハスはここで手工芸品や織物に使われるようです。
大賀藕絲館の少し先を左折して、坂を下った場所に小山田神社があります。

Dscf9075
小山田神社を囲むように広い敷地にハス田があります。鳥居は昨年、建てられたので新しいです。自宅から自転車で10分位です。

Dscf9014
綺麗に咲いていました。

Dscf9025
小山田神社の本殿です。

Dscf9040
ハスは花は神秘的な美しさがあります。

Dscf9051
本殿の裏側にも広いハス田があります。

Dscf9083
このハスは皆さんが三脚で撮影していました。

Dscf9061
全体的には5分咲き位で蕾の花が多くて、見頃はこれからの感じでした。
Dscf9019
大賀藕絲館が依頼して、地主の方が栽培しています。観賞用ではないので近くでハスを見るには、あぜ道を歩きます。

Dscf9043
大賀ハスは1951年に遺跡から奇跡的に発見された一粒の2000年以上前の古代のハスの実から株分けされています。

Dscf9110
この日は小山田神社から薬師池公園のハスの様子を見に行こうと向ったのですが途中でフットパス「図師から小山田桜台」の案内地図をあったので眺めると石仏が多い、養樹院が紹介されていたので訪れることにしました。
(クリックで拡大します)

Dscf9115
大泉寺バス停の待合所です。気にしないで何度も前を通ってましたが改めて見ると古い建物です。

Dscf9118
大泉寺バス停の待合所の向かいに現役の丸型のポストがありました。町田にあるとは思いませんでした、

Dscf9119
道沿いに道祖神があったのでお参りしました。お賽銭は道祖神の管理に使われると記されていました。案内地図によると、この場所を曲った道は武相観音巡礼古道と記されていました。

Dscf9123
案内地図に小山田バス停から尾根幹道路に向う、いつも通る道が奥州古道(常盤ルート)・東日本巡礼古道でしたので撮りました。このすぐ先が正山寺の入口です。

Dscf9125
古道であることを示すような石仏群がありました。

Dscf9130Dscf9157
小山田バス停から町田街道に向う途中に養樹院入口の案内板ありました。左折して、養樹院を訪れました。

Dscf9146
養樹院の本堂です。武相二十六番普陀所になっています。

Dscf9137
慈母観音 大きな観音様です。

Dscf9134Dscf9135

Dscf9144Dscf9152
久子観音(左)

Dscf9154
石仏がとても多い、曹洞宗のお寺です。

Dscf9155
静かで趣がある、お寺です。自宅の近くですが初めて訪れました。また、訪れたいお寺です。

Dscf9164
道沿いのお宅に咲いていた、アガパンサス

Dscf9168
養樹院から近くの神明神社を訪れました。神明神社までの坂道を上る途中にあった、平薬師堂です。最近、改築されたようです。

Dscf9179Dscf9170
神明神社の鳥居と妙見尊 別な場所に立派な鳥居がありました。

Dscf9177
立派な神明神社の本殿です。

神明神社は以前、訪れた小野路城跡の城主であった、小山田次郎重義が勧請したようです。

由緒書によれば、当神明神社は鎌倉幕府の御家人として活躍した小山田一族で小野路城の城主であった小山田次郎重義が、伊勢の伊鈴川の面影が色濃い場所として上小山田の田中谷戸を選んで天照大神を勧請したのが始まりといい、明治に入って村内の神社六社を合祀してこの地に遷座したという。ちなみに神明とは天照大神のことで、伊勢神宮を勧請した神社を神明神社と称する。

Dscf9184
帰りに尾根緑道を通って、最初に訪れた、大賀藕絲館の前に戻りました。

走行距離 12.0km

小山田神社のハスは周辺の里山の景色も素晴らしく、自然のままに咲くハスを見れました。ここのハスは花数が多くて、見応えがあります。今週末には見頃を迎えると思います。自由に三脚を使えるので立派な一眼レフで撮影されている方が多かったです。昨年、訪れたときも満開ではなくて、一面に咲く、ハスも見てみたいですね。小山田神社まで急坂の広い道路になっていて、自転車で50キロ以上出てしまいました。

小山田神社


養樹院


神明神社

2012年6月10日 (日)

相模原麻溝公園のアジサイが咲き始めました

6/2は相模原麻溝公園のアジサイの様子を自転車で見に行って来ました。思っていたよりも咲いていて、植林広場のヤマアジサイはかなり咲いていました。隣りの相模原公園の水無月園の花菖蒲は咲き始めでしたが10品種くらい咲いていました。帰りに近くの当麻東原公園の当麻東原古墳と無量光寺を訪れました。

Dscf7233Dscf7239
麻溝公園の管理事務所で遅咲きクレマチスの作品展示会が開催されていました。
クレマチスは落ち着いた色の花が多い感じでした。

Dscf7265Dscf7252_2
管理事務所の近くではアジサイ花鉢展示会が開催されていましたので見学しました。
右の写真のアジサイは藍姫です。

Dscf7257Dscf7264
舞妓(左) くれない(右)

Dscf7267
プリンセス ダイアナ 麻溝公園は230種8000株のクレマチスがあります。

Dscf7270
アジサイが結構、咲いていました。

Dscf7268

Dscf7295
ふれあい動物園の入口近くです。一面に咲いていました。

Dscf7337
植林広場 ここのアジサイはヤマアジサイがメインです。

Dscf7331
麻溝公園には約170種6,000株のアジサイがあります。

Dscf7314
伊予絞り

Dscf7318
大虹

Dscf7327
マイコアジサイ(ヤマアジサイ) 手入れ行き届いた感じで咲いていました。

Dscf7328
この日はアジサイを十分に楽しめました。

Dscf7352
隣接する相模原公園の噴水広場

Dscf7361
水無月園(菖蒲園)でヤマボウシが咲いていました。

Dscf7362
水無月園に咲いていた、アジサイです。

Dscf7429
菖蒲は10品種くらい咲き始めていました。

Dscf7371
利根川

Dscf7423
エンチャンテッド・レーク

Dscf7435
相模原公園の売店の近くでシャレードポピーが見頃でした。

Dscf7445
ドクダミの葉と同色の昆虫がいたので撮りました。

Dscf7458Dscf7459
この日は近くの当麻東原公園の当麻東原古墳を訪れました。公園に向う途中にあずま坂と記された、20%を越える坂がありました。後から分かったのでここは3万年前の地層が見られる場所でした。

Dscf7449

Dscf7450
当麻東原公園内にある、当麻東原古墳です。

径約15m、高さ約3mで周溝をもつ円墳である。
埋葬施設は河原石積みの横穴式石室で、装身具や馬具などが出土した。
築造時期は7世紀頃と推定される。市指定史跡。

Dscf7456
当麻東原公園からは当麻の田園風景が広がっていました。

Dscf7495
当麻東原公園から自転車で5分の場所にある、無量光寺に寄りました。
ここは御影の池で池の中央にある、亀の石像の上に2匹の亀がいたのですが近づくと池に入ってしまいました。

Dscf7463
仮本堂

時宗(浄土教の一宗派)に帰属します。 踊り念仏を広めた一遍上人が修行に励まれた場所です。

Dscf7467
無量光寺は時宗の道場として宗祖一遍上人の伝承をとどめていて、郷土の歴史を知る上で極めて貴重な遺跡だそうです。境内が市指定史跡に指定されています。

Dscf7469
徳本念仏塔 市登録有形民俗文化財

徳本は江戸時代後期に念仏を広めて歩いた僧で、文化14年に無量光寺を訪れました。

Dscf7486Dscf7483
無量光寺の二脚門の山門は17世紀初頭の建築と推定されています。腕木門の親柱の背面に袖をつけ、屋根をかけた高麗門と呼ばれる形式の門です。市指定有形文化財。

Dscf7491
無量光寺に隣接する当麻山公園に迷路の遊具がありました。

走行距離 19.4km

麻溝公園のアジサイは今週末(6/10)は見頃を迎えていると思います。約170種6,000株のアジサイがありますので見応えがあります。

無量光寺は昭和橋に向うときに何度も近くを通っていたのですが今回、初めて寄りました。広い境内の山林で囲まれた、静かな、史跡が多い、お寺でした。一遍上人映画「一遍上人」がウド鈴木の主演で5月に公開されているようです。

相模原麻溝公園・相模原公園


当麻東原公園・当麻東原古墳


無量光寺・当麻山公園

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

  •  

楽天商品

楽天商品 

‚‚„„„

twitter

最近のトラックバック