無料ブログはココログ

ブックマーク

« 携帯電話で発信通話の接続時にバイブレーションさせない方法 | トップページ | Windows 10のCopilotを使ってみました »

2024年2月25日 (日)

Windows 10の日本語入力のシュートカットキーについて

IMEの日本語入力で最近よく使うショートカットキーがあります。Ctrl + Iでカナ変換ができます。「あめりか」と入力して、Ctrl + Iを押下すると「アメリカ」になります。F7でもできますがCtrl + Kの方が使いやすいです。あまり使わないのですが「ぼおk」と入力して、Ctrl + Tを押下すると「book」になります。更にCtrl + Tを押下すると順に「BOOK」「Book」と変換されます。F10でもできます。

 

« 携帯電話で発信通話の接続時にバイブレーションさせない方法 | トップページ | Windows 10のCopilotを使ってみました »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 携帯電話で発信通話の接続時にバイブレーションさせない方法 | トップページ | Windows 10のCopilotを使ってみました »

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品

アナログ時計