無料ブログはココログ

ブックマーク

« 菅原神社の枝垂れ梅 | トップページ | 相模原北公園のカタクリが咲き始めました »

2013年3月17日 (日)

図師小野路の谷戸めぐり

3/3は町田市北部の図師町、小野路町の谷戸めぐりをしました。1年半位前に近くに住んでいながら、図師小野路周辺に昔ながらの里山の風景を残した谷戸がいくつかあることを知りました。それぞれの谷戸は時々訪れていましたが今回は6つの谷戸を自転車で周りました。

Yato_ok
この日、訪れた、6つの谷戸の場所です。約1.2km四方に谷戸があります。
(クリックで拡大します)

P3022789
都道57号の図師交差点から北に向う道沿いに5つの谷戸があります。
最初にこの場所から五反田谷戸に向いました。

P3022800
車道から入った道を少し進むと谷戸の入口がありました。何時もは反対側の山側から谷戸に降りてきますがこんなに車道に近い場所に谷戸があるとは思いませんでした。

P3022814
五反田谷戸の先端部です。写真の中央の桜は樹齢200年と言われています。

P3022837
この周辺の谷戸の中で五反田谷戸の長閑な風景が一番気に入っています。

P3022847
五反田谷戸を後にして、尾根道を上って、白山谷戸に向いました。小さいですが中央右に農作業されている方が写っています。

P3022860
白山谷戸は3回目の訪問ですが尾根道から谷戸に下る道を見つけたので初めて、谷戸に下りました。

P3022864
白山谷戸の先端部の棚田です。あぜ道はぬかるんでました。

P3022883
この谷戸は細長いです。

P3022886
白山谷戸の入口です。休耕している場所が結構ありました。

P3022894
先程の道路に出ました。

P3022900
道路の向こう側に小さな谷戸がありました。地図では松下谷戸と記されていました。

P3022911
入口の梅が見頃でした。

P3022923
神明谷戸の入口です。左の奥の民家の先に谷戸があります。

P3022925
入口を入ると直に谷戸の風景が広がっていました。

P3022977
神明谷戸は地図で名前は知っていましたが初めて訪れました。綺麗な棚田が印象的な谷戸でした。

P3022964
神明谷戸の谷戸の右側の先端部です。この周辺の谷戸は図師小野路歴史環境保全地域に指定されていて、失われつつある里山の自然保護を行なっています。

P3022996P3022986
神明谷戸の左側の先端部です。自然に咲いている、梅の木がかなり沢山ありました。

P3023001
再び、道路に戻り、小山田緑地の駐車場入口の少し先のこの道を入って、5つ目に訪問する、奈良ばい谷戸に向いました。

P3023011
奈良ばい谷戸の中間部です。

P3023012
奈良ばい谷戸は旧住都公団が区画整理事業のために所有していたのですが開発をしないことになり、町田市が里山を買い取りました。市民の協力で長年放置された田んぼを人力で再生し、稲作を行なう活動をしているようです。

P3023043
里山の雰囲気が中々いい場所です。

P3023050
左奥の道からこの分岐に来ました。中央の少し坂になっている道をMTBが走り抜けていました。この日は右折して、浅間神社に行きました。

P3023059
右折すると高台の山奥ですが畑が広がっていました。

P3023061
浅間神社の社殿です。浅間神社は富士山を御神体としていて、「社殿造営記念」の立派な石碑がありました。

P3023064
浅間神社の参道です。見晴らしがよい場所でした。

P3023096
最後に訪れる、万松寺谷戸の近くにある、小野神社です。

P3023103P3023101
権現造りの社殿です。

P3023108
最後に訪問した、万松寺谷戸です。大きな谷戸です。この谷戸は野津田公園に近いこともあって、何度も訪れています。

P3023111
万松寺谷戸の周辺も図師小野路歴史環境保全地域になっています。
(クリックで拡大します)

P3023121
万松寺谷戸の入口の湿地に弁財天がありました。何でここに弁財天があるのか不思議な感じでした。

P3023134
万松寺(ばんしょうじ) 鎌倉時代元徳二年(1330年)につくられた由緒あるお寺です。 何度も訪れていますが綺麗に手入れされたお庭です。

P3023153
万松寺の近くにある、六地蔵です。七体ありますが一体は別のお地蔵さんです。

走行距離 12.8km

この日は6つの谷戸を訪れました。自宅の近くに昔の雰囲気を残りした、長閑な美しい谷戸が多くあることを1年半位前に知りまして、最近は機会があれば、訪れています。今回は道路から谷戸が近いことが分かって、2時間位で谷戸めぐりが出来ることが分かりました。次回は新緑、田植えの時期に訪れようと思います。

最近の週末は疲れて、遠出する気分にあまりならないので近場ばかりを訪れています。この日は午後3時からの谷戸めぐりしましたが明るいうちに周ることが出来ました。


今回の地図は写真にしました。通常の地図を表示するには「詳しい地図で見る」をクリック、右上の「写真+注記」をクリックして、地図を選択してください。

(2013.03.19 追記)
6つの谷戸の場所を記した地図の写真を追加しました。本文中で紹介した小さな谷戸は地図では松下谷戸と記されていました。


五反田谷戸


白山谷戸


本文中で紹介した小さな谷戸(松下谷戸)


神明谷戸


奈良ばい谷戸


万松寺谷戸

« 菅原神社の枝垂れ梅 | トップページ | 相模原北公園のカタクリが咲き始めました »

コメント

谷戸の風景・・・昔は珍しく無かったのでしょうが、街中ではあまり見ない風景になりましたね。
谷戸の風景は景色そのものに四季を感じていいですね。

地図は写真で見た方がわかりやすい時もありますね。
今回桜を見るサイクリングでは、わからなかった場所が桜の咲いている季節に写したグーグルマップだったので、一目でわかりました。

トンサン
住宅街のある、道路から少し入ると別世界のような風景の谷戸がありました。
今年は新緑の季節に訪れたいですね。

初めて行く、目標物がない曲がり角はGoogleストリートビューで確認すると
間違えることがなくていいですね。

この記事を折にふれ見返し、実際に訪れてもみたいと思います。
もうこんなにまとまって谷戸が残ってる場所は珍しいですね。
自分は谷戸のような風景を見たいとき、近くの茅ヶ崎谷戸山公園というとこに
時々出かけます。自然が珍しい時代なんてちょっと考えさせられてしまいます。

dawa3さん
6つの谷戸の場所を記した写真を記事に追加しました。
1.2km四方の狭い範囲に谷戸がありました。
子供の頃は今の境川団地の近くに住んでいましたが
ホタルが普通に飛んでいましたので昔はもっと自然
豊かでした。

お~これはいいですね。(o^-^o)
> 6つの谷戸の場所を記した写真を記事に追加しました。
追加どうもありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364456/50752968

この記事へのトラックバック一覧です: 図師小野路の谷戸めぐり:

« 菅原神社の枝垂れ梅 | トップページ | 相模原北公園のカタクリが咲き始めました »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

  •  

楽天商品

楽天商品 

‚‚„„„

twitter

最近のトラックバック