無料ブログはココログ

ブックマーク

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2013年3月

2013年3月27日 (水)

自転車で桜めぐり 尾根幹道路~鶴牧西公園~乞田川~吉祥院~片所谷戸~長池公園~馬場

3/23は鶴牧西公園の枝垂れ桜が見頃のようでしたので自転車で見に行って来ました。鶴牧西公園周辺の尾根幹道路、乞田川、吉祥院、片所谷戸、長池公園、馬場の桜も見て来ました。鶴牧西公園の枝垂れ桜は昨年も見ましたが見応えがありました。片所谷戸の貴重なホシザクラ、長池公園沿いの陽光桜の桜並木は見事でした。

P3231044
尾根幹道路の桜は6分咲きくらいでした。

P3231099
多摩市鶴牧西公園の枝垂れ桜が見頃を迎えていました。樹齢200年、高さ17メートルの巨樹で見応えがあります。人と比べるとその高さが分かると思います。

P3231075
川井家が枝垂れ桜を多摩市に寄贈する前は川井家の枝垂れ桜と呼ばれてました。
多摩市の天然記念物です。

P3231069
見上げると迫力あって、見事な桜です。

P3231079
地面すれすれまで枝が伸びていました。

P3231092
左の建物は休憩施設です。ホームのお年寄りが枝垂れを見学していました。

P3231108
公園の高台から撮りました。

P3231136
近くの乞田川沿いの桜は8分咲きで見頃でした。訪れる人はそれ程多くなかったです。

P3231151
1キロ続く、桜並木は壮観です。

P3231165
この日は初めて、多摩センター駅近くの吉祥院を訪れました。

P3231219
この場所に昭和39年の台風の被害にあうまでは、東京都天然記念物だった樹齢600年の枝垂れ桜がありました。この枝垂れ桜はその桜の子孫です。鶴牧西公園の枝垂れ桜もその桜の子孫だそうです。

P3231189
境内の桜は満開でした。

P3231192
ミツマタも綺麗に色付いていました。

P3231225
吉祥院から先月訪れた町田市の片所谷戸(かたそやと)に向いました。谷戸の入口は坂を下った場所にあります。桜も綺麗でしたが右側のユキヤナギが一面に咲いていて、見事でした。

P3231264
住宅、ビルが隣接していますが別世界のような谷戸の風景が残っています。

P3231237P3231287
2003年に発見された、世界で100株しか自生していないという新種のホシザクラが開花したようでしたのでホシザクラを捜しました。右の写真の中央の左から右に伸びている木がホシザクラです。

P3231258
近寄れなかったのでズームで撮影しました。開花が進んでいたので今週末までが見頃の感じでした。

P3231279
ウグイスカズラ

P3231309
斜面に桜の花びらが見えたので近づくと「ホシ」と書かれた名札がありました。3本のホシザクラを確認できました。桜の萼が完全な星形をしているのでホシザクラと呼ばれます。

P3231300
小さな花びらです。初めて、ホシザクラを見ることが出来ました。ホシザクラは絶滅危惧種の最高レベルの1Aに指定されています。

P3231316
キブシ

P3231317
カワニナが生息している池です。

P3231326
ショカッサイが広範囲に咲いていました。

P3231338
最後に長池公園を訪れました。中央の橋は四谷見附橋を移築復元した、長池見附橋です。

P3231342
長池公園の北側の道路沿いの桜が満開でした。

P3231354
長池見附橋交差点から南大沢南交差点まで1キロ続く、ピンクの桜並木は鮮やかで綺麗でした。

P3231378
品種は桜の女王「陽光桜」です。

P3231371
こんな見事な陽光桜の咲いている場所があるのは訪れる数日前に知りました。

P3231391
帰り道に町田街道の馬場交差点を入った場所にある、桜並木が見事でしたので自転車を停めて、撮りました。

走行距離 21.1km

桜が一気に開花したので7箇所の桜を見て来ました。鶴牧西公園の枝垂れ桜は他ではみれないような巨樹で見応えがあります。ホシザクラは初めて見ましたが本当に萼が星形をしていました。ホシザクラは片所谷戸以外でも長池公園近くの大平公園、小山内裏公園で見ることが出来るようです。

鶴牧西公園の枝垂桜


乞田川


吉祥院


片所谷戸の入り口


長池公園の桜


馬場の桜

2013年3月22日 (金)

相模原北公園のカタクリが咲き始めました

3/17はいつも拝見しているブログで相模原北公園のカタクリが咲き始めたようでしたので自転車で見に行って来ました。花数は多くなかったのですが見頃でした。暖かくなって、カタクリ以外にも、キクザキイチゲ、オカメザクラ、カンヒザクラも咲いていました。アジサイ園に大きなハクモクレンの木がありました。先日、訪れたときは咲いていなかった、ミツマタも鮮やかに咲いていました。

P3170582
相模原北公園の梅園の梅は花びらは残っていましたがピークは過ぎていました。一部の遅咲きの品種が見頃でした。

P3170593
クリスマスローズが見頃でした。

P3170651
カタクリは郷土の森「野草園」のこの一角で咲いています。水琴窟の斜め前です。

P3170607
カタクリが綺麗に咲いていました。

P3170631
花数は多くありませんが見頃でした。

P3170604
カタクリは春の妖精と言われますが春の訪れを感じさせる花ですね。

P3170598
垣根の外で咲いていたので接写できました。カタクリは下を向いて咲くので撮影が撮りにくい花です。

P3170620

P3170634
カタクリの隣りでキクザキイチリンソウ(菊咲一輪草)で咲いていました。キクに似た花を一輪つけることからこの名がついたそうです。

P3170658
スイセンも道沿いに一面に咲いていました。

P3170676
オカメ桜が咲いていました。

P3170688
アジサイ園の丘の上に大きな木のハクモクレンはありました。

P3170692

P3170705
コブシはかなり散っていました。

P3170719
花木園のミツマタが見頃を迎えていました。沢山のミツマタがあります。

P3170718
鮮やかな色合いで咲いていまいた。

P3170748


P3170756
災害救援ベンダーと記されていますが災害停電時でも飲料供給ができるそうです。

P3170764
遅咲きの品種の梅の興津赤花です。

走行距離 20.8km

カタクリは色々な場所で見かけるようになりました。古語では「堅香子(かたかご)」と呼ばれていて、自宅の近くにカタクリが群生する、町田かたかごの森があります。

20日に町田市の恩田川沿いの桜の様子を見に行きましたが3分咲き位で木によっては5分咲きで開花が進んできました。今週末に見頃になりそうです。1枚写真を掲載します。

P3200926

相模原北公園

2013年3月17日 (日)

図師小野路の谷戸めぐり

3/3は町田市北部の図師町、小野路町の谷戸めぐりをしました。1年半位前に近くに住んでいながら、図師小野路周辺に昔ながらの里山の風景を残した谷戸がいくつかあることを知りました。それぞれの谷戸は時々訪れていましたが今回は6つの谷戸を自転車で周りました。

Yato_ok
この日、訪れた、6つの谷戸の場所です。約1.2km四方に谷戸があります。
(クリックで拡大します)

P3022789
都道57号の図師交差点から北に向う道沿いに5つの谷戸があります。
最初にこの場所から五反田谷戸に向いました。

P3022800
車道から入った道を少し進むと谷戸の入口がありました。何時もは反対側の山側から谷戸に降りてきますがこんなに車道に近い場所に谷戸があるとは思いませんでした。

P3022814
五反田谷戸の先端部です。写真の中央の桜は樹齢200年と言われています。

P3022837
この周辺の谷戸の中で五反田谷戸の長閑な風景が一番気に入っています。

P3022847
五反田谷戸を後にして、尾根道を上って、白山谷戸に向いました。小さいですが中央右に農作業されている方が写っています。

P3022860
白山谷戸は3回目の訪問ですが尾根道から谷戸に下る道を見つけたので初めて、谷戸に下りました。

P3022864
白山谷戸の先端部の棚田です。あぜ道はぬかるんでました。

P3022883
この谷戸は細長いです。

P3022886
白山谷戸の入口です。休耕している場所が結構ありました。

P3022894
先程の道路に出ました。

P3022900
道路の向こう側に小さな谷戸がありました。地図では松下谷戸と記されていました。

P3022911
入口の梅が見頃でした。

P3022923
神明谷戸の入口です。左の奥の民家の先に谷戸があります。

P3022925
入口を入ると直に谷戸の風景が広がっていました。

P3022977
神明谷戸は地図で名前は知っていましたが初めて訪れました。綺麗な棚田が印象的な谷戸でした。

P3022964
神明谷戸の谷戸の右側の先端部です。この周辺の谷戸は図師小野路歴史環境保全地域に指定されていて、失われつつある里山の自然保護を行なっています。

P3022996P3022986
神明谷戸の左側の先端部です。自然に咲いている、梅の木がかなり沢山ありました。

P3023001
再び、道路に戻り、小山田緑地の駐車場入口の少し先のこの道を入って、5つ目に訪問する、奈良ばい谷戸に向いました。

P3023011
奈良ばい谷戸の中間部です。

P3023012
奈良ばい谷戸は旧住都公団が区画整理事業のために所有していたのですが開発をしないことになり、町田市が里山を買い取りました。市民の協力で長年放置された田んぼを人力で再生し、稲作を行なう活動をしているようです。

P3023043
里山の雰囲気が中々いい場所です。

P3023050
左奥の道からこの分岐に来ました。中央の少し坂になっている道をMTBが走り抜けていました。この日は右折して、浅間神社に行きました。

P3023059
右折すると高台の山奥ですが畑が広がっていました。

P3023061
浅間神社の社殿です。浅間神社は富士山を御神体としていて、「社殿造営記念」の立派な石碑がありました。

P3023064
浅間神社の参道です。見晴らしがよい場所でした。

P3023096
最後に訪れる、万松寺谷戸の近くにある、小野神社です。

P3023103P3023101
権現造りの社殿です。

P3023108
最後に訪問した、万松寺谷戸です。大きな谷戸です。この谷戸は野津田公園に近いこともあって、何度も訪れています。

P3023111
万松寺谷戸の周辺も図師小野路歴史環境保全地域になっています。
(クリックで拡大します)

P3023121
万松寺谷戸の入口の湿地に弁財天がありました。何でここに弁財天があるのか不思議な感じでした。

P3023134
万松寺(ばんしょうじ) 鎌倉時代元徳二年(1330年)につくられた由緒あるお寺です。 何度も訪れていますが綺麗に手入れされたお庭です。

P3023153
万松寺の近くにある、六地蔵です。七体ありますが一体は別のお地蔵さんです。

走行距離 12.8km

この日は6つの谷戸を訪れました。自宅の近くに昔の雰囲気を残りした、長閑な美しい谷戸が多くあることを1年半位前に知りまして、最近は機会があれば、訪れています。今回は道路から谷戸が近いことが分かって、2時間位で谷戸めぐりが出来ることが分かりました。次回は新緑、田植えの時期に訪れようと思います。

最近の週末は疲れて、遠出する気分にあまりならないので近場ばかりを訪れています。この日は午後3時からの谷戸めぐりしましたが明るいうちに周ることが出来ました。


今回の地図は写真にしました。通常の地図を表示するには「詳しい地図で見る」をクリック、右上の「写真+注記」をクリックして、地図を選択してください。

(2013.03.19 追記)
6つの谷戸の場所を記した地図の写真を追加しました。本文中で紹介した小さな谷戸は地図では松下谷戸と記されていました。


五反田谷戸


白山谷戸


本文中で紹介した小さな谷戸(松下谷戸)


神明谷戸


奈良ばい谷戸


万松寺谷戸

2013年3月 9日 (土)

菅原神社の枝垂れ梅

3/2の夕方、町田の自宅近くの菅原神社の枝垂れ梅を見て来ました。立派な枝垂れ梅が毎年咲くので時期的に咲いていると思い、出掛けました。枝垂れ梅は6分咲きくらいでしたが綺麗に咲いていました。

P3012620
菅原神社には自宅から自転車で11分で着きました。

P3012611
鳥居の近くで紅梅が咲いていました。

P3012758
新社殿が昨年の8月に完成したようです。江戸天明期以来273年ぶりに新拝殿となったようです。

P3012649
本数は少ないのですが枝垂れ梅が咲いていました。

P3012668
この木は高木で見応えがありました。

P3012728
地面のすれすれまで枝が伸びています。

P3012710
6分咲きくらいでしたので今週末までは見頃が続くと思います。

P3012716

P3012690
枝垂れ梅が咲いている場所は井出の沢古戦場の史跡となっていて、石碑があります。

P3012674

P3012633
鎌倉を目指す北条時行軍と、それを食い止めようとする足利直義軍との間で激しく合戦が繰り広げられたと伝えられています。
(クリックで拡大します)

P3012683

P3012703
紅梅も咲いていました。

P3012624

P3012746
境内末社の「愛宕社」 火伏せの神様をお祀りしています。

P3012632
写真を撮影した時に参拝がする人が結構いました。

走行距離 8.8km

この日は午後4時45分に神社に着いて、帰るときは5時半でした。段々と日が長くなってきました。菅原神社は小学生の頃は歩きの遠足で来たこともあります。この場所が井出の沢古戦場であることは案内板を見て、数年前に知りました。

話しは変わりまして先日知ったのですがChrome、Firefoxでないと出来ませんがGoogleで「askew」「斜め」と検索すると傾き、「do a barrel roll」「一回転」と検索すると画面が一回転します。

Round_2
(クリックで拡大します)


菅原神社

2013年3月 4日 (月)

津久井湖方面の観音寺、名手橋、大洞の滝にツーリング

2/24は津久井湖方面にツーリングしました。県道515号廃道区間にある、大洞の滝に再訪したくなり、通り道にある、観音寺と名手橋にも寄りました。観音寺の観音堂からの眺めは絶景でした。大洞の滝は昨年の9月に行ったときは水量もあって下段、上段の滝とも見応えがあったのですが今回は冬のためか水量が少なくて、いまいちな感じでした。

P2242310
川尻石器時代遺跡です。津久井湖の少し手前にあります。縄文時代中期から後期(約5,500~3,500年前)の大きな集落跡です。大正時代から発掘が行なわれたようです。

P2242313
津久井湖城山公園水の苑地で休憩しました。

P2242317
城山公園から観音寺に行く途中に金色の衣を着た、六地蔵がありました。

P2242326
県道413号から500mくらい、急坂を上った場所にある、観音寺の仁王門です。
親柱4本の前後に控柱各4本を有する八脚門で、歴史的価値の高い建造物として、市指定有形文化財になっています。

P2242333P2242332
左右の阿形、吽形の仁王像です。

P2242337
観音寺の本堂です。

P2242341
境内の高台に建つ観音堂です。明応9(1500)年創建。

P2242357
観音堂からの津久井湖、城山方面の眺めは素晴らしかったです。右側の山は城山です。

P2242362
観音堂からの眺望は新相模風土記に絶景と称されているそうです。
(クリックで拡大します)

P2242359
観音堂からズームで三井大橋を撮りました。帰りは三井大橋の隣にある、歩道橋の三井そよかぜ橋を渡りました。

P2242347
twitterにも書きましたが鐘楼の横に時計があるのは理由があります。
解答は → こちら

P2242405
県道413号の「西メディカルセンター前」の信号から1km位の場所にある、名手橋です。かながわの橋100選に選ばれています。橋長178mは、この規模の吊り橋では県下で一番長い橋だそうです。

P2242393
名手橋は奥深い山間にあります。

P2242430P2242433
県道515号廃道区間の名手の入口です。ここから、目的地の大洞の滝に歩いて向いました。昨年は反対側の千木良から滝まで行きました。鉄柵は隙間が大きくて、簡単に通れます。

P2242438
道路は土砂崩れの箇所が多いのですが歩くのは問題ありません。

P2242442
道沿いからの眺めは山並みが素晴らしかったです。

P2242449
道沿いに三井用水取入口跡の標識がありました。ここは、明治20年に完成したわが国で初の近代式水道である横浜水道創設時の取水所跡です。帰りに寄ろうと思ったのですが急な階段を下りなければならず、右膝に痛みがあったので今回は止めました。

P2242500
名手の入口から20分程で県道515号の道沿いにある、大洞の滝(下段の滝)のある場所に着きました。一昨年の9月に訪れたときは水量が豊富で滝の水が道路に流れていたのですがこの日はかなり水量が少なくなっていました。

P2242455
滝の横の階段を上って、大洞の滝(上段の滝)に向いました。

P2242465
階段の上りきった場所から道は険しかったのですが上段の滝の傍まで行きました。

P2242475
上段の滝も水量が少ない感じでした。前回は水量が多くて、滝までの道が川になっていたので近くまで行けませんでした。


大洞の滝(上段の滝)の動画です。




P2242529
帰りに先ほどの道沿いから丹沢の白馬の雪形が見えました。

P2242545
帰りに515号廃道区間の出口に向うときに2匹の犬を連れた男性に会いました。こんな場所で人に会うとは思いませんでした。バイクに犬の綱があったので綱を外して、自由にさせて、散歩するために来たようです。

P2242560
県道515号沿いから先ほどの名手橋を眺められました。右奥の山並みに丹沢の白馬の雪形が見えました。

P2242558P2242572
帰りは県道515号の名手~三井区間を走行しました。自転車と車もすれ違うことが出来ないような狭い場所もあります。

P2242575
県道515号の三井の入口です。1.7mの車幅制限をしています。写真を撮っているときに1台ワゴン車が通って行きました。

P2242603
昨年の5月に完成した、歩道橋の三井そよかぜ橋です。手すりに埋め込みられたライトが点灯してました。

P2242609
津久井湖方面に行ったときは何時も休憩する津久井湖城山公園花の苑地です。月の光が湖面に映っていたので写真を掲載しました。

走行距離 41.7km

大洞の滝まで行くには千木良からよりも名手から行った方が行き易い感じでした。次回、訪れたときは三井用水取入所跡に寄ってみたいです。

最近、深夜帰宅が多くて、土曜日は週末の疲れがかなり出るので休養をとるようにしています。日曜日は体調が回復すれば、あまり遠くない場所に出掛けています。今週は日曜日も疲れが少しあったので自宅近くの谷戸巡りをしました。時間があれば、twitterに谷戸の写真をアップしようと思っています。

観音寺


名手橋


県道515号廃道区間の名手の入口

2013年3月 1日 (金)

さだまさし いのちの理由

twitterでも紹介しましたが、さだまさしの作詞作曲の「いのちの理由」という曲があります。YouTubeで「道化師のソネット」を探していて、この曲を知りまして、以前、一度聞きました。先日、岩崎宏美、コロッケのカバーを聞いて、改めて、心に沁みる曲と感じました。

この曲は宗祖法然上人800年大遠忌を記念して、「法然上人をたたえる歌」の制作を依頼されて、作られた曲だそうです。さだまさしのアルバム「美しい朝」に収録されています。

生まれてきた訳は大切な人との出会い、互いに愛し愛されるために命がある。

 しあわせになるために 誰もが生きているんだよ
 悲しみの海の向こうから 喜びが満ちて来るように
 私が生まれてきた訳は 愛しいあなたに出会うため
 私が生まれてきた訳は 愛しいあなたを護るため


この歌詞がいいですね。

歌詞のリンクです。
いのちの理由 さだまさし 歌詞情報 - goo 音楽

さだまさしofficial YouTube channelで「いのちの理由」が公開されています。


岩崎宏美の手話をしながら歌っているPVがありました。手話通訳士にコーチを受けて、撮影されたようです。昨年、シングル曲としても発売されています。


コロッケのカバーは素晴らしいです。彼がこんなに歌が上手かったのですね。CDはコンサート会場でのみで売っているそうです。

« 2013年2月 | トップページ | 2013年4月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 

  •  

twitter

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品