無料ブログはココログ

ブックマーク

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2013年2月

2013年2月24日 (日)

府中市郷土の森博物館のロウバイの小径

2/10はいつも拝見しているブログの記事で府中市郷土の森博物館のロウバイが見頃であることを知りまして、自転車で出掛けました。この施設は初めて訪れましが100本程のロウバイは見頃を迎えていました。あまり、見掛けない、ロウバイ(原種)を見ることが出来ました。梅も60種1100本あるそうですが早咲きの品種が少し咲いている程度でした。

P2101517
府中市郷土の森博物館は多摩サイクリングロード沿いにあります。正面の橋は関戸橋です。

P2101519P2101934
府中市郷土の森博物館に自転車で1時間で着きました。大きなロウバイの小径に案内板がありました。おかげさまで開館25周年の看板がありました。

P2101530
梅まつりの催しの野点茶会です。

P2101540
白加賀枝垂 梅はほとんどが蕾でした。

P2101592
ロウバイの小径です。約100本のロウバイが満開で見頃でした。ロウバイ、ソシンロウバイ、マンゲツロウバイが咲いていました。

P2101597
マンゲツロウバイ

P2101631
マンゲツロウバイの黄色は色鮮やでした。満月のように丸みを帯びています。

P2101617
ソシンロウバイです。ロウバイの小径の6割がこの品種でした。花弁の中央が少し褐色になっていました。

P2101619
満開のソシンロウバイです。

P2101636
初めて見る、ロウバイ(原種)です。素朴な感じでした。

P2101665
ソシンロウバイは早咲き、ロウバイとマンゲツロウバイは遅咲きと記されていました。マンゲツロウバイはソシンロウバイの原種だそうです。
(クリックで拡大します)

P2101654

P2101664
ロウバイの小径は施設の南側の多摩川傍にあります。
(クリックで拡大します)

P2101736
梅は60種1100本あります。早咲きの品種が少し咲き始めていました。

P2101710
八重野梅

P2101731
八重寒紅

P2101749
唐梅

P2101789
府中市郷土の森博物館には公共建築物、農家、町屋などの復元建築物も沢山ありました。この建物は旧島田家住宅です。島田家は旧甲州街道・府中新宿の商家です。移築・復元したのはその店蔵(みせぐら)部分です。

P2101815
旧府中町役場庁舎 この建物は大正10年に竣工した府中町役場です。ドーマウィンドウなど洋風を多く取り入れながら、裏側に和風建物が接続する特色のある建築です。多摩地区に現存する最古の役場建築です。


P2101817
旧府中郵便取扱所(旧矢島家住宅)
府中では矢島九兵衛が郵便取扱役に任命され、その居宅が郵便取扱所に当てられました。入口、左に郵便窓口があります。

P2101826
旧府中郵便取扱所の屋内にひな人形が展示されていました。

P2101831
まいまいず井戸
地面を大きくすり鉢状に掘りくぼめ、その底面から掘り抜いたものです。「まいまい」はかたつむりの別名でその名が付きました。

P2101850
道に出てしまい、何処に行ったらよいか迷っている、カモがいました。しばらくして、無事に池に戻りました。

P2101779
旧河内家住宅(ハケ上の農家)
河内家は市東北部にある浅間山の南を東西に走る人見街道に面した旧人見村にありました。

P2101773
棒屋実演がされてました。

P2101872
大きな木のマンサクがありました。

P2101885
復元建築物が並んでいます。
(クリックで拡大します)

P2101888
旧府中尋常高等小学校校舎です。

P2101933
昔の教室が再現されています。右奥にダルマストーブがあります。

P2101903_2P2101904
府中ゆかりの詩人、村野四郎の記念館を1階に併設されています。

P2101936P2101944
博物館本館1階特別展示室では特別展「江戸時代の多摩を掘る」が行なわれていました。右の写真は布中宿跡の出土品です。

走行距離 31.2km

府中市郷土の森博物館は前から知っていて、一度行きたいと思っていました。ロウバイは沢山あって、見応えがありました。行くときに多摩サイクリングロードからロウバイが咲いているのが見えました。梅は60種1100本もあって、梅の名所のようです。公式HPの開花情報では2/22でもメインの中咲きの梅の品種は未だ蕾の状態でした。今年も昨年と同様に厳しい寒さが続いているので開花が遅れいるようです。

左目の炎症は回復して、痛みが引いて安心しました。目の病気は急性緑内障とかあるので注意しないといけないです。

府中市郷土の森博物館

2013年2月17日 (日)

小山内裏公園、片所谷戸に行きました

2/11は午後から尾根緑道を久しぶりに自転車で走行して、尾根緑道沿いにある、小山内裏公園、片所谷戸に行って来ました。小山内裏公園は広い公園ですが大部分が自然保護区なっています。片所谷戸は住宅に囲まれた、谷戸ですがホトケドジョウ、ゲンジボタル、ホシザクラなどの貴重な動植物が生息しています。

P2111979
尾根緑道は散歩されている方が多かったです。

P2111991
尾根緑道沿いの西展望広場からの眺めです。正面の大山は雲に隠れてました。

P2111997
尾根緑道から下る道で都立小山内裏公園に寄りました。

P2112012
大田切池と大田切谷戸です。大田川の源流で大栗川に合流して、多摩川に注いでいます。

P2112030
小山内裏公園の東側の「鮎のみち」を散策しました。

P2112027
三軒茶屋から世田谷通りを経て登戸、鶴川と多摩丘陵を抜け津久井に至る旧街道です。津久井で取れた鮎を江戸の街まで売りに行くのに通っていたことから「鮎のみち」という名で呼ばれていたようです。

P2112036
鮎のみちから尾根緑道に出た場所からの奥多摩方面の眺めです。

P2112052
正面の雑木林が片所(かたそ)谷戸です。

P2112053P2112055
京王線多摩境駅近くのこの場所を左折して、100m程、進んだ所に片所谷戸の入口があります。

P2112080
片所谷戸の北側の入口です。最初は右側の道路を下ってきたので案内板を見逃してしまい、先に進んで南側の入口から入りました。

P2112057
片所谷戸の南側の入口です。

P2112058
片所谷戸はボランティア団体の「小山のホタルと自然を守る会」が自然保護活動をしています。

P2112063
片所谷戸の風景です。雑木林、草原、湧き水の沢筋がバランスが絶妙で美しい風景でした。初めて訪れましたがこのような素晴らしい谷戸が残されているとは知りませんでした。

P2112097
谷戸へ向う道は整備されていました。

P2112091
ゲンジボタルが生息しています。谷戸を流れる川にはカワニナやホトケドジョウ、ホシザクラなどの貴重な動植物が生息しています。

P2112071
谷戸の雑木林には世界でわずか100株しか自生していないという新種のホシザクラが50株も群生していることが2003年に発見されました。ホシザクラは絶滅危惧種の最高レベルの1Aに指定されています。

P2112076
最上流端の池です。カワニナが生息しているので木の葉を上げないでくださいと記されていました。

P2112099
この谷戸の大部分は京王電鉄が所有しているようです。開発には深い谷筋の埋め立てが必要であったため奇跡的に開発を免れてきたようです。

走行距離 15.4km

片所谷戸は初めて訪れましたが周りは住宅街ですがここだけが豊かな自然が残されていました。ホシザクラは機会があれば、見に来ようと思います。新緑の季節にも訪れたい谷戸でした。三輪の南谷戸もそうですが、町田にはホタルが生息している谷戸が残されていることを最近知りました。町田市が片所谷戸の土地を地権者から買い取ろうとしましたが価格の折り合いがつかなかったそうです。ずっと残して欲しい谷戸です。

小山内裏公園


片所谷戸

より大きな地図で 片所谷戸 を表示

片所谷戸の北側の入り口

2013年2月16日 (土)

記事の更新が出来なくてすみません

最近、午前1時位の帰宅が多くて、起床が6時半ですので中々記事を更新できません。3時間位の睡眠時間の生活をしていたためかも知れませんが左目に炎症を起こして、瞬きをするだけで痛みを感じるようになってしまいました。眼科で目薬を処方してもらいました。右膝の痛みも再発しているので今週末は安静にしようと思います。

10日に府中市郷土の森博物館で初めて行きまして、満開のロウバイと咲き始めの梅を見て来ました。twitterに写真をアップしています。ここは梅が60種1100本もあると知りまして、見頃のときに再度訪れたいと思いました。公共建築物、農家、町屋などの復元建築物も沢山ありました。

P2101886
旧府中尋常高等小学校校舎です。府中ゆかりの詩人、村野四郎の記念館を1階に併設しています。

P2101925
懐かしい、ダルマストーブが展示されていました。昔は石炭のストーブでした。

府中市郷土の森博物館に行った時も多摩ニュータウン通りの近くの道路で信号無視するローダーを2人見掛けました。1人はまったく躊躇することなく、赤信号をそのまま通過して行きました。自転車に乗るようになって、驚いたのは信号無視するローダーの多さです。ビンディングペダルを外すのが面倒なのか、交通規則を守る意思がないのでしょうか。

2013年2月 7日 (木)

相模原北公園、麻溝公園、相模原公園にご近所ポタ

2/3は江ノ島までツーリングして、アイスチューリップを見る予定でしたが朝、起きたときに疲労感あったので午後から近くの相模原北公園、麻溝公園、相模原公園に自転車で出掛ました。相模原北公園は先月の26日にロウバイを見に行ったときは梅の蕾が固くて、咲くような感じなかったのですが5本の梅が開花していました。ロウバイは満開になっていました。麻溝公園、相模原公園ではクリスマスローズ、アイスチューリップが咲いていました。

P2031237
相模原北公園の梅園です。自転車で35分で着きました。

P2031217
紅冬至(コウトウジ) 早咲きの5本の梅が開花していました。

P2031227
八重関守

P2031250_2
鄙の都

P2031252
鄙の都は開花した5本の梅の中で花数が一番多かったです。

P2031259
虎の尾 抱え咲きの花です。遠い場所に咲いていたのでズームで撮りました。

P2031317
水心鏡

P2031323
40本の梅は市制施行40周年を記念して、植えられたようです。全体では100品種100本の梅があります。

P2031239
梅の木の下に福寿草が咲いていました。春の訪れを感じる花です。

P2031275
ロウバイは満開になっていました。ほのかな甘い香りがしました。

P2031285
前回、紹介した花木園にある、白馬の雪形の案内板です。この日も霞んでいて、雪形は見られませんでした。

P2031286
花木園に一輪だけ咲き始めた、ミツマタがありました。

「郷土の森」の東屋の隣りにある、水琴窟です。デジカメですがステレオ録音です。




P2031309
ピクニック広場では凧揚げをしていました。

P2031329
麻溝公園にも寄りました。

P2031348P2031343
ふれいあい動物広場のリス小屋の隣りにクリスマスローズが咲く場所があるので様子を見に行きました。

P2031337
クリスマスローズが一面に咲き始めていました。

P2031371
麻溝公園の隣りの相模原公園の菖蒲田「水無月園」です。ロウバイが咲いていました。この写真はミニチュアモードで撮りました。

P2031445
相模原公園の立体花壇「日本丸」のアイスチューリップです。ちょうど見頃で綺麗でした。アイスチューリップは1ヶ月くらい咲いていますのでしばらく楽しめそうです。

P2031450

P2031427
アイスチューリップは球根を冷蔵処理し、外気温との温度差により冬を越させることで開花時期を調整させます。

P2031455
実咲きガーデンに咲いていた、菜の花です。

P2031477
相模原公園「紅葉の丘」でマンサクが咲いていました。変わった名前の由来は、早春に他の花に先がけて、まず咲くことからとか、花がたくさん付くので、「豊年満作」から名付けられたとも言われています。

P2031470
近くで見ると変わった花ですね。

P2031487
凍結による機器の損傷防止のために噴水広場の噴水が停止されていました。メタセコイアはすっかり落葉していました。

P2031490P2031491
左が1倍で12.5倍のズームで撮った写真です。展望塔の人がいないか見えるくらいに拡大して撮れました。

走行距離 28.1km

今年も寒さの影響で梅の開花が遅れていましたがやっと咲き始めました。相模原北公園の場園の梅園では三脚で撮影に来ている方がいました。江ノ島まで行かなくても相模原公園のアイスチューリップは花数が結構あって楽しめました。

相模原北公園


麻溝公園・相模原公園

2013年2月 4日 (月)

相模原北公園の梅が咲き始めました

2/3は相模原北公園の梅の様子を見に行って来ました。早咲きの5本の梅が開花していました。相模原公園にも訪れて、見頃のアイスチューリップを見て来ました。twitterに写真を掲載しました。

掲示板にアップした梅の写真です。
http://tootoo.to/op/view.cgi?n=hanameguri&m=20130203220820

2013年2月 2日 (土)

農業者大学校跡地のダイヤモンド富士

1/27は多摩市の農業者大学校跡地にダイヤモンド富士を自転車で見に行ってきました。この場所は現在、都立桜ヶ丘公園になっています。最初は霞んでいて、富士山がはっきりと見えなかったのですが日が沈むときはスッキリと晴れて、綺麗なダイヤモンド富士を見ることが出来ました。農業者大学校は農業経営者を育成するための教育機関でしたが平成22年4月、行政刷新会議の事業仕分けにより廃止になりました。

P1271035P1271014
尾根幹道路沿いの階段を上って、防人の見返り峠に寄りました。

P1271017
この場所は多摩丘陵パノラマの丘(展望広場)の案内板があります。

P1271021
丹沢、秩父連峰の山並みが一望できる、眺めが素晴らしい場所ですが目的の
富士山が見えませんでした。

P1271015
展望広場は「よこやまの道」の道沿いにあります。

P1271038
日没まで時間が40分あったので桜ヶ丘公園の「ゆうひの丘」に寄りました。
ここは何度も訪れています。

P1271051
遮るものがなくて、秩父連山、赤城連山まで見渡せる眺望の素晴らしい場所です。
(クリックで拡大します)

P1271085
農業者大学校跡地のダイヤモンド富士の見学場所です。ゆうひの丘のすぐ傍です。

P1271079
桜ヶ丘公園の整備工事が行なわれていました。工事用のフェンスの隙間から
撮影しました。

P1271083
富士山は霞んでよく見えませんでした。

P1271110
16:47:43

P1271113
16:48:09 かなり太陽の光が強かったです。

P1271114
16:48:21 綺麗なダイヤモンド富士を見ることが出来ました。

P1271115
16:48:30

P1271116_2
16:48:36 太陽が沈み始めると20秒位の意外と短い時間で沈んでしまいます。

P1271117
16:48:40

P1271118_2
16:48:46 太陽が沈みました。

P1271140
16:56:29 夕焼けの富士山が綺麗でした。右の雲の輝きが美しいです。

P1271146
都立桜ヶ丘公園の五重塔です。地震で危険な状態と記されていました。

P1271152
公園の入口の展望場所からの奥多摩方面の山並みです。

P1271183
昼間の写真と同じ場所の「ゆうひの丘」からの眺めです。日没まで待って、
夜景を見て来ました。

P1271166
府中市街方面の眺めです。初めて、ここから夜景を眺めましたが絶景でした。

P1271190
夜景の名所として知られていていて、一度、夜景を見たいと思っていました。

P1271213
予定外の夜景を見ることが出来ました。

走行距離 26.3km

前回、ダイヤモンド富士に行ったのが昨年の2月4日で1年ぶりにダイヤモンド富士を見に行きました。農業者大学校があったときは木が生茂って、富士山が見れなかったです。多摩丘陵パノラマの丘から全く富士山が見えなかったので心配しましたが綺麗なダイヤモンド富士を見れました。ゆうひの丘の夜景は何年の前から一度見たいと思っていたので念願が叶いました。

多摩丘陵パノラマの丘


農業者大学校跡地 (桜ヶ丘公園)

« 2013年1月 | トップページ | 2013年3月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 

  •  

twitter

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品