無料ブログはココログ

ブックマーク

« 富士宮にお墓参りに行きました | トップページ | 相模原北公園の彼岸花 ダイジェスト »

2012年9月20日 (木)

東京薬科大学 薬用植物園にポタリング

7/28は八王子市にある、東京薬科大学の薬用植物園が一般公開されていることを知りまして、行って来ました。主に研究用の薬用植物の栽培されていて、花はそれ程、咲いていませんでしたがムクゲが一面に咲いていました。温室に咲いていた、小さな可憐な花のホシアザミは白い樹液が一滴眼につくだけで失明するほど猛毒であると書かれていました。帰りに近くの平山城址公園を久しぶりに散策しました。

Dscf9768Dscf9773
図師大橋から小山田バス停に向かい、少し手前のこの道を右折して上りました。この道は奥州古道だそうです。

Dscf9784
奥州古道を進むと谷戸の風景が広がりました。

Dscf9777Dscf9778
谷戸にアメリカフヨウが咲いていました。

Dscf9780
オニユリも見頃で綺麗に咲いていました。谷戸に咲く、花もいいですね。

Dscf9789
東京薬科大学 薬用植物園には1時間弱で着きました。自転車の通行はできないので入口の駐輪場に自転車を止めました。

Dscf9889
薬用植物園の入口です。左の小屋にある、記名帳に住所・氏名を記入して見学します。
面積が41,000㎡あり、東京都で最も広い薬用植物園です。野生植物は約500種、栽培している植物は約2,000種です。

Dscf9793
見本園です。色々な薬用植物が栽培されていました。

Dscf9796
ゲンノショウコ 痢止め、胃薬、整腸

Dscf9801
ムラサキバレンギク 花の中心の管状花は切花に利用されます。

Dscf9804
サボンソウ 根茎にはサポニンを含み、去痰(きょたん)及び溶血作用があります。

Dscf9821
トウガン 種子は冬瓜子(とうがし)といい、消炎、利尿に用いられ、漢方薬にも使われるそうです。トウガンが薬に使われているのは知りませんでした。

Dscf9824
カレー粉のスパイスのウコンですが先日、テレビで色素のクルクミンは脳の細胞組織が死滅するのを防ぐ働きをするのでアルツハイマー病の予防になると放送されました。インド人のアルツハイマー病の発生率がアメリカの1/4と低いのは、ウコンに含まれる、クルクミンによるものではないかと言われています。

Dscf9819Dscf9830
自然観察路はかなり急な坂を上って行きました。

Dscf9837
ニガヨモギ 葉、枝を健胃薬、駆虫薬として用います。

Dscf9842
展示温室です。

Dscf9847

Dscf9858
ホシアザミ 白い汁液が一滴、眼についただけで失明するほどの猛毒には見えない、小さな可憐な花でした。見かけによらず怖いですね。

Dscf9857
カカオ 種子からとれる、カカオ油は座薬の製造に使われます。

Dscf9882
ビャクブ 皮膚寄生虫駆除(しらみなどの駆除)に用いる。見本園を再度、見学しました。

Dscf9880
キキョウ 排膿、去痰、鎮咳、消腫に使われます。

Dscf9898
校名碑と庭園の植樹は本学卒業の大正製薬会長が寄贈されたものと記されていました。

Dscf9905
東京薬科大学の隣りにある、都立平山城址公園へ三年ぶり位に訪れました。

公園の名前は源氏方の侍大将・平山季重の見張所があったと伝えられる多摩丘陵の一画であることにちなんでいるそうです。

Dscf9912
猿渡の池

Dscf9916
かなり広い森林公園です。公園内を散策しました。

Dscf9920Dscf9924
展望広場です。

Dscf9932
平山城址公園の北側は平山京王緑地(京王電鉄所有)になっています。
この道は野猿の尾根道と記されていました。

Dscf9933
野猿の尾根道を少し入った場所に平山季重神社の祠が建っていました。この場所は丸山と呼ばれ、かっては平山氏の見張り台があった場所との言い伝えもあります。

Dscf9943Dscf9948
帰りは奥州古道沿いの谷戸の中の道を行きました。

走行距離 22.7km

東京薬科大学 薬用植物園は一般公開されているのを最近知りまして、訪れました。数名で訪れた方は担当の方が園内の説明をされていました。トウガン、キキョウなどよく知っている植物が薬に使われいるとは知りませんでした。

東京薬科大学のHPで開園時間、開園日を確認できます。

先日、知ったのですが気象業務法が改正されて、3月から10日間の天気予報が始まっていたのですね。3日間、増えただけでも便利に利用できそうです。

東京薬科大学 薬用植物園  平山城址公園


奥州古道の谷戸

« 富士宮にお墓参りに行きました | トップページ | 相模原北公園の彼岸花 ダイジェスト »

コメント

汁が一滴で失明するなんてスゴイですね。あんな小さな花なのに。
奥州古道沿いの谷戸もいいですねぇ。うちが好きそうな道。eye
良い場所の紹介ありがとうございました。

dawa3さん
ホシアザミは猛毒のために一般の植物園には見かけない花のようです。

奥州古道ですが下記URLのakiさんの記事の「今日のコースの周辺地図」の③が谷戸の場所です。行きは正山寺のすぐ東側の道を通り、帰りは④から⑤の道順で走行しました。⑤に至る道は凹凸が多かったので途中から押し歩きしました。記事に奥州古道の谷戸の地図を追加しました。
http://www7a.biglobe.ne.jp/~aki1025/matida3.htm

小山田神社の記事に掲載した地図です。左上に奥州古道があります。
http://linka100.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2012/07/18/dscf9110.jpg

「ちょっと遠くて、無理だな」と思っていたのですが、akiさんの記事を載せられたら、厚木から行けないとは言えませんね。
 (*^ω^*)ポリポリ
なかなかあっち方面は行くことはありませんが、機会があったら行ってみようかな。

今回は薬草で、珍しい花が多かったですね。

薬科大学周辺ってそんな感じになってるんですか~
好みですね~
その公園♪

トンサン
akiさんの町田の里山の記事は小野路周辺の谷戸を散策するときにとても参考になりました。遠い厚木から何度も訪れていたのですね。

薬用植物園は身近な植物の意外な効能を知ることができました。

jamさん
東西に細長い公園なので散策するとかなり広さを感じました。500本の桜の木がある、桜の名所だそうです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364456/47112227

この記事へのトラックバック一覧です: 東京薬科大学 薬用植物園にポタリング:

« 富士宮にお墓参りに行きました | トップページ | 相模原北公園の彼岸花 ダイジェスト »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

  •  

楽天商品

楽天商品 

‚‚„„„

twitter

最近のトラックバック