無料ブログはココログ

ブックマーク

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2012年9月

2012年9月30日 (日)

七国山、薬師池公園にお花見ポタ

9/27は町田市の公式HPで七国山ファーマーズセンター隣りのソバの花が見頃を迎えているようでしたので見て来ました。ソバの花はちょうど見頃でした。薬師池公園の彼岸花の様子も見て来ました。メインの旧永井家周辺は5分咲き位でしたが公園内の萬葉草花苑の彼岸花は満開でした。

P9270049
町田ぼたん園の入口から50m程の場所にある、七国山のソバの花がちょうど見頃でした。
隣りは七国山ファーマーズセンターです。

P9270035
一面に咲いていて、見事でした。

P9270039
可憐なソバの花です。

P9270053
ソバ畑の隣りで花びらが小さい、名残りのヒマワリが咲いていました。

P9270071
薬師池公園の旧永井家裏の斜面地の彼岸花です。公園内では一番群生している場所です。蕾が多くて、5分咲き位でした。今週末には見頃を迎えていると思います。

P9270076
以前は白い彼岸花は少なかったのですが最近は増えてきたような感じがします。

P9270077

P9270089
後、数日で見頃の感じでした。

P9270087
古民家(旧永井家)を背景に咲く、彼岸花は趣があります。私はこのアングルが好きです。

P9270104
薬医門前の彼岸花です。門の隣りが萬葉草花苑の入口です。

P9270127
ダンギク 萬葉草花苑にも彼岸花が咲いているので見学しました。

P9270111
オケラ

P9270115
萬葉草花苑の彼岸花は満開でした。鮮やかな色合いでした。

P9270120
ナンテンハギ(南天萩) 萬葉草花苑の色々な場所で咲いていました。訪れた方が綺麗ですねと話されていました。

P9270136
しょうぶ田 色鮮やかな紅葉を見れる場所です。

P9270139
ヤマモミジが少し色付いていました。このヤマモミジは紅葉のときは真っ赤に染まります。

P9270140
タイコ橋の下に物凄い数の亀が集まっていました。ざっと数えて、30匹以上います。

P9270133P9270135
新しく購入したデジカメで12.5倍の望遠の具合を確かめてみました。
左が1倍、右が12.5倍で撮影した写真です。かなり遠くのものが撮れます。

P9270153P9270152
特殊効果モードを試してみました。右の写真がミニチュアの設定で撮りました。ミニチュアのような感じで撮れているようです。

P9270162
ハス田近くの車道に白い彼岸花が咲き始めていました。

P9270173P9270170
鶴見川沿いの畑脇の彼岸花も5分咲き位でした。

P9300505
先日、蕾の写真を掲載した、自宅の彼岸花ですが3本が満開になりました。この彼岸花はご近所の方にいただいた土の中に球根が入っていて、咲いてもので三年ぶりに咲きました。

走行距離 10.0km

七国山のソバは来年、3月頃に近くの、ふるさと農具館で「七国山薬師そば」として販売されるそうです。ソバの花は小さな花ですがこれだけ、一面に咲くと見応えがあります。この場所は季節によって、菜の花など色々な花が咲くので時々訪れます。

彼岸花があちこちで見掛けるようになりました。本日(9/30)は、いつも拝見しているブログで相模原市営峰山霊園に彼岸花が群生していることを知りまして、台風が近づいてるので午前中に行って来ました。一面に群生していて、見応えがありました。知る人ぞ知る場所ですね。写真を1枚掲載します。

P9300520

薬師池公園


七国山のソバの花

2012年9月29日 (土)

道志みちの青根コスモス園にツーリング

9/26は一年ぶりに道志みちをツーリングしました。昨年の8月に牧馬大滝に行って以来です。道志みちから県道76号に少し入った場所にある、青根コスモス園に行って来ました。コスモスは全体的にはピークを過ぎていましたがキバナコスモスは見頃でした。帰りに道志ダム、奥相模湖に寄りました。風が爽やかで気持ちよく、楽しいツーリングでした。

Dscf1900Dscf1889
津久井湖城山公園水の苑地
5月にルピナスが咲いていた花壇にストロベリーフィールズが一面に咲いていました。

Dscf1910
道志みち(R413)の入口の青山信号です。中央の少し左に帰りに訪問した安養寺に向う道があります。

Dscf1914Dscf1915
青野原大橋からの眺めです。

Dscf1916
西沢大橋

Dscf1921
夫婦園キャンプ場の入口です。10年以上前にバーベキューをしたことがあります。

Dscf1923Dscf1925
湯口沢橋
左の通行止めの道は道志みちの旧道です。昔の道志みちは右の写真のように沢沿いの狭い道でした。

Dscf1927
コスモス園、青根キャンプ場の案内板のある、分岐を右折します。直進しても、コスモス園に行けますが右折した方が近道です。

Dscf1929
右折した場所からの青根地区の眺めです。段々の畑が見えます。

Dscf1931Dscf2077
中沢トンネルを進むと右の写真の県道76号に出ます。右が道志ダムに向う道で、左がコスモス園がある、青根方面ですので左折しました。各所に青根コスモス園の上り旗があるので道に迷うことはないです。この記事を書いているときに分かったのですが中沢トンネルの上の展望台からの眺めが素晴らしいようです。

Dscf1939
青根コスモス園に着きました。ここまで、34kmでした。

青根コスモス園は相模原市緑区青根の地元住民の有志が約1万平方メートルの休耕田を活用して、植えたものだそうです。

Dscf1937
いつも拝見するブログで9/13に満開でしたので咲いているか心配しましたが綺麗に咲いていました。

Dscf1961
山並みを背景に咲くコスモスも中々いいですね。

Dscf1965Dscf1989
ベンチに座って、コスモスを見ながら、昼食のおにぎりを食べました。トンボがとても多かったです。

Dscf2004
キバナコスモスはちょうど見頃でした。

Dscf1983

Dscf2049
この場所はコスモスが密集して咲いていて、見応えがありました。

Dscf2058

Dscf2057
キバナコスモスには写真の中央のハチが飛び交ってました。

Dscf2061
彼岸花が所々に咲いていました。

Dscf1959
種代に使われる、花の種募金箱がありましたので小額ですが寄付しました。

Dscf1995Dscf2072
左の写真の正面の建物が青根駐在所です。右の写真はコスモス園向かいの第1駐車場です。少し離れたな所に広い駐車場もあります。

Dscf2083
帰りに青根コスモス園から2km位の場所にある、道志ダムに寄りました。ダムの上が県道76号になっています。

Dscf2093
高さ32.8.mの重力式コンクリートダムです。それ程、高さはありません。

Dscf2096Dscf2101
ダム湖の奥相模湖は濃い緑の水が綺麗でした。

Dscf2136
観音沢橋からの眺めです。道志みちは山々の景色が素晴らしいです。平日でしたがツーリングされている方に会いました。

Dscf2137Dscf2140
右の道は観音沢橋の傍の旧道です。昔の道志みちは1.5車線の区間も結構あって、場所によってはすれ違いができない、1.0車線の区間もありました。以前は車で通りたくない道でしたが。現在、大きな橋がたくさん造られて、カーブも減って、走り易くなりました。

Dscf2150Dscf2162
道志みちの入口の青山信号の傍にある、安養寺に寄りました。高野山真言宗 。

Dscf2158
境内には津久井町戦没者475柱の慰霊碑が建立されていました。慰霊碑の文字は元内閣総理大臣の左藤栄作書です。

Dscf2173
津久井湖城山公園花の苑地で最後の休憩をしました。ボート乗り場に下りる階段が長いのでいつもより水位が低い感じでした。サイクリング日和ですねと声を掛けられたバイク乗りの方が先週と比べて、1m位水が上がったと話されていました。

走行距離 68.8km

この日はお休みでしたので何処かに長めのツーリングしたいと思っていて、行ったことのない、青根コスモス園を訪れました。コスモスは十分見頃でしたが、ちょうど満開の時期にまた訪れたい場所でした。山々に囲まれた道志川沿いに咲く、コスモスもいいですね。道志みち(R413)の旧道は何箇所もありました。その昔は逆バンク、砂利道、急カーブ、1.0車線ありの道でした。帰りに大病していた時の事を思い出して、健康であること、ツーリングできることのありがたみを感じました。

青根コスモス園の場所は青根駐在所の前ですので、「青根駐在所 津久井」で地図検索すると見つかります。

青根コスモス園


道志ダム・奥相模湖


安養寺

2012年9月24日 (月)

相模原北公園の彼岸花と大島中州のコスモスを見に行きました

9/22の相模原北公園の彼岸花の写真ですがダイジェスト以外の写真を掲載します。相模原北公園は7/7にアジサイを見に行って以来、久しぶりに訪れました。公園内には彼岸花の他にはセンニチコウとヤブランがあちこちに咲いていました。相模原北公園から自転車で15分位の大島中洲のコスモスの様子を見に行ってきました。キバナコスモスは見頃でしたがコスモスはちらほら咲いてる程度でした。

Dscf1638
相模原北公園には自転車で32分で着きました。郷土の森のハーブ園近くに彼岸花が一面に咲いていて、ほっとしました。

Dscf1656
見事に咲いていました。彼岸花は、よく見ると枝も葉も節もない独特の形状です。

Dscf1653
全体的には6分咲き位でしたが十分に見頃でした。

Dscf1708
蕾の花も多いので今週末には満開になると思います。

Dscf1694
相模原北公園の彼岸花は初めて見ましたがこんなにたくさん群生しているとは思いませんでした。

Dscf1668
奥が東フロントのバラが咲いている場所です。

Dscf1705
通り掛かりの人が彼岸花の下には同じ数の死体があるとか話されていましたが彼岸花は有毒なので小動物に土葬の土を掘られるのを避けるために植えられたと言われています。

Dscf1744
ヤブラン

Dscf1719
センニチコウ

Dscf1722
先日、出掛けた、津久井湖城山公園花の苑地でも同じ花が咲いていました。

Dscf1636
スカーレット オベレーション バラもこの時期としては結構咲いていました。来月は秋バラの時期を迎えます。

Dscf1746
フヨウ

Dscf1755
相模原北公園から自転車で15分位の場所の相模川沿いの大島地区を訪れました。
若あゆかかしフェスティバルがビレッジ若あゆ水田で開催されいました。

Dscf1758
水田の周りに市内の幼稚園児・小中学生が制作した「かかし」が田んぼを一周するように並んでいました。

Dscf1756
ユニークな作品が多かったです。

Dscf1767
大島幼稚園の子供が作った、どれみふぁケロちゃんです。目を引く、人気の作品のようでした。

Dscf1769
小学生の作品の米尾守です。

Dscf1770
小学生の作品のわかば5レンジャーです。

Dscf1781
上大島キャンプ場は大勢の人で賑わっていました。松並木が続いています。

Dscf1779
上大島キャンプ場も彼岸花がたくさん咲く場所なのですがほとんど咲いていませんでした。

Dscf1789
相模川の大島中州の周辺では鮎の友釣りをしている方が大勢いました。川の中央で腰ぐらいまで水に浸かって、釣りをしていました。竿を上げる瞬間に鮎が餌として使われているのが見えました。鮎で鮎が釣れるのですね。手前の橋を大島中州を結ぶ唯一の橋の諏訪森下橋です。

Dscf1865
大島中州の広い水田です。右奥に新小倉橋が見えます。

Dscf1872
キバナコスモスが見頃でした。

Dscf1806
山並みを背景に咲く、キバナコスモスもいいですね。
Dscf1832
目的のコスモスはちらほら咲いている程度でした。再来週くらいが見頃でしょうか。

Dscf1823

Dscf1819
サルスベリは見頃でした。

Dscf1834
手前が小倉橋、奥が新小倉橋です。いつもより、水位が低いような気がします。

Dscf1850
稲刈りが始まっていました。

Dscf1870
水田の近くで圏央道の工事をしていました。

走行距離 31.6km

残暑が厳しい影響で彼岸花の開花が遅れているようですが相模原北公園の彼岸花は秋分の日に見頃を迎えていました。今年の秋分の日は116年ぶりに9月22日だそうです。 やっと、涼しくなりましたが気象庁は8月下旬~9月中旬の期間、日本付近の上空では北東海上を中心に偏西風が大きく北に蛇行したことで日本の東海上で太平洋高気圧の勢力が非常に強まることで気温が高い日が続いたことを21日に発表しました。

相模原北公園


若あゆかかしフェスティバル会場


大島中州

2012年9月23日 (日)

相模原北公園の彼岸花 ダイジェスト

9/22は午後2時を過ぎてしまいましたが自転車で久しぶりに相模原北公園に行って来ました。彼岸花は6分咲き位でした。相模原北公園の彼岸花は初めて見ましたが雑木林の中に一面に咲いていました。

Dscf1648

Dscf1691

Dscf1651

今年は彼岸花の開花が遅れているようですが相模原北公園は見頃を迎えていました。


YouTubeに「竹内まりや いのちの歌」がアップされていたので、「いのちの歌」の記事に追記しました。いい歌なのでよろしければお聞きください。


(2012.09.23 追記)
自宅の庭に三年ぶりに彼岸花が咲き始めているのを見つけました。この彼岸花はご近所の方が引っ越すときにいただいた、土に球根が含まれていたものです。もう、咲かないと思っていたのですが植物の生命力に驚きです。

Dscf1879

2012年9月20日 (木)

東京薬科大学 薬用植物園にポタリング

7/28は八王子市にある、東京薬科大学の薬用植物園が一般公開されていることを知りまして、行って来ました。主に研究用の薬用植物の栽培されていて、花はそれ程、咲いていませんでしたがムクゲが一面に咲いていました。温室に咲いていた、小さな可憐な花のホシアザミは白い樹液が一滴眼につくだけで失明するほど猛毒であると書かれていました。帰りに近くの平山城址公園を久しぶりに散策しました。

Dscf9768Dscf9773
図師大橋から小山田バス停に向かい、少し手前のこの道を右折して上りました。この道は奥州古道だそうです。

Dscf9784
奥州古道を進むと谷戸の風景が広がりました。

Dscf9777Dscf9778
谷戸にアメリカフヨウが咲いていました。

Dscf9780
オニユリも見頃で綺麗に咲いていました。谷戸に咲く、花もいいですね。

Dscf9789
東京薬科大学 薬用植物園には1時間弱で着きました。自転車の通行はできないので入口の駐輪場に自転車を止めました。

Dscf9889
薬用植物園の入口です。左の小屋にある、記名帳に住所・氏名を記入して見学します。
面積が41,000㎡あり、東京都で最も広い薬用植物園です。野生植物は約500種、栽培している植物は約2,000種です。

Dscf9793
見本園です。色々な薬用植物が栽培されていました。

Dscf9796
ゲンノショウコ 痢止め、胃薬、整腸

Dscf9801
ムラサキバレンギク 花の中心の管状花は切花に利用されます。

Dscf9804
サボンソウ 根茎にはサポニンを含み、去痰(きょたん)及び溶血作用があります。

Dscf9821
トウガン 種子は冬瓜子(とうがし)といい、消炎、利尿に用いられ、漢方薬にも使われるそうです。トウガンが薬に使われているのは知りませんでした。

Dscf9824
カレー粉のスパイスのウコンですが先日、テレビで色素のクルクミンは脳の細胞組織が死滅するのを防ぐ働きをするのでアルツハイマー病の予防になると放送されました。インド人のアルツハイマー病の発生率がアメリカの1/4と低いのは、ウコンに含まれる、クルクミンによるものではないかと言われています。

Dscf9819Dscf9830
自然観察路はかなり急な坂を上って行きました。

Dscf9837
ニガヨモギ 葉、枝を健胃薬、駆虫薬として用います。

Dscf9842
展示温室です。

Dscf9847

Dscf9858
ホシアザミ 白い汁液が一滴、眼についただけで失明するほどの猛毒には見えない、小さな可憐な花でした。見かけによらず怖いですね。

Dscf9857
カカオ 種子からとれる、カカオ油は座薬の製造に使われます。

Dscf9882
ビャクブ 皮膚寄生虫駆除(しらみなどの駆除)に用いる。見本園を再度、見学しました。

Dscf9880
キキョウ 排膿、去痰、鎮咳、消腫に使われます。

Dscf9898
校名碑と庭園の植樹は本学卒業の大正製薬会長が寄贈されたものと記されていました。

Dscf9905
東京薬科大学の隣りにある、都立平山城址公園へ三年ぶり位に訪れました。

公園の名前は源氏方の侍大将・平山季重の見張所があったと伝えられる多摩丘陵の一画であることにちなんでいるそうです。

Dscf9912
猿渡の池

Dscf9916
かなり広い森林公園です。公園内を散策しました。

Dscf9920Dscf9924
展望広場です。

Dscf9932
平山城址公園の北側は平山京王緑地(京王電鉄所有)になっています。
この道は野猿の尾根道と記されていました。

Dscf9933
野猿の尾根道を少し入った場所に平山季重神社の祠が建っていました。この場所は丸山と呼ばれ、かっては平山氏の見張り台があった場所との言い伝えもあります。

Dscf9943Dscf9948
帰りは奥州古道沿いの谷戸の中の道を行きました。

走行距離 22.7km

東京薬科大学 薬用植物園は一般公開されているのを最近知りまして、訪れました。数名で訪れた方は担当の方が園内の説明をされていました。トウガン、キキョウなどよく知っている植物が薬に使われいるとは知りませんでした。

東京薬科大学のHPで開園時間、開園日を確認できます。

先日、知ったのですが気象業務法が改正されて、3月から10日間の天気予報が始まっていたのですね。3日間、増えただけでも便利に利用できそうです。

東京薬科大学 薬用植物園  平山城址公園


奥州古道の谷戸

2012年9月16日 (日)

富士宮にお墓参りに行きました

最近、記事を更新できなくて、すみません。深夜に帰宅することが多くて、パソコンの前に座るのが午前1時位で他の方の記事を拝見してから記事を書き始めるのが午前1時半になってしまい、気が付くとパソコンの電源を入れたまま、朝まで寝ていることが多いです。起床が6時半なので記事を書くと4時間位しか寝れないです。2年前に長時間労働と少ない睡眠時間を続ける無理をしてしまい、大病をしてしまいました。今回は同じことを繰り返さないように寝る時間を減らしてまでも記事を書かないようにしています。

9/15はお彼岸前ですが富士宮にお彼岸のお墓参りに行って来ました。お墓参の帰りに市内の浅間大社に久しぶりに寄りました。境内の湧玉池の水はとても冷たくて、暑い日に寄るにはいい場所ですね。湧玉池の辺に今年初めて見る、彼岸花が咲いていました。

Dscf1348

掲示板にアップした写真です。
http://tootoo.to/op/view.cgi?n=hanameguri&m=20120916045558

行きは雲で蔽われていて、富士山は全く見えなかったのですが帰りに新富士ICから新東名に入った所で夕日に輝く富士山を見ることができました。

Dscf1420

他の写真も掲載した記事を書く予定です。

2012年9月 5日 (水)

御岳渓谷にツーリング

一ヶ月以上過ぎてしまいましたが7/26は青梅市の御岳渓谷まで初めて、ツーリングしました。御岳渓谷遊歩道を散策しました。御岳渓谷は景色が素晴らしい所でした。この日は行きも帰りも炎天下の走行で限界と感じる位疲れました。滝のような汗といいますかこのことかと思うほど汗が吹き出ました。ペットボトル5本を飲んでも足りない感じでした。

Dscf9541Dscf9539
八王子方面に行くときはいつも休憩する、片倉城跡公園です。ヤマユリが咲いていました。

Dscf9545
圏央道のあきる野IC下の秋留橋です。この日は日差しが強くて、26km走行した時点でかなり苦しさを感じました。

Dscf9548Dscf9549
左が自動車専用の新満地トンネルです。歩行者・自転車は右の旧満地トンネルを通行します。やっと、日陰に入れました。

Dscf9556
吉野梅郷の少し先にある、青梅柚木苑地休憩所です。新しくて、綺麗な休憩所でした。今年の5月に出来たばかりのようです。

Dscf9561
澤乃井 櫛かんざし美術館
江戸から昭和にかけての櫛とかんざしを中心に常時約400点を展示しています。

Dscf9562
櫛かんざし美術館の100m先にある、目的地の寒山寺駐車場に着きました。平日でしたが満車に近いくらいでした。ここに自転車を止めて、御岳渓谷遊歩道を散策しました。

Dscf9576
寒山寺
寒山寺は中国の蘇州にある寒山寺にちなんでいます。多摩川の清流を眼下に望むお寺でした。

Dscf9567
寒山寺の格天井の見事な絵です。隣の鐘楼の天井にも絵が描かれているのを帰宅後に知りました。

Dscf9579
寒山寺を下った場所にある楓橋です。この橋を渡って、御岳渓谷遊歩道に入り、多摩川の上流を散策しました。

Dscf9581
楓橋からの眺めです。右下の釣りをされている方の釣竿がとても長かったです。

Dscf9585
楓橋を渡って、直の場所にある青年の像碑のベンチで昼食にしました。

Dscf9595
ヤブカンゾウ 群生していました。

Dscf9609
ヒメオウギズイセン 鮮やかな色合いでした。

Dscf9606
御岳渓谷遊歩道の左岸を上流に向って、神路橋まで散策しました。中央の橋は鵜の瀬橋です。

Dscf9613
鵜の瀬橋からの眺めです。大きな岩が目立つようになります。

Dscf9621
御岳渓谷遊歩道は整備されていて、美しい景色を眺めながら歩けます。

Dscf9625
お山の杉の子記念碑
歌詞と楽譜を刻んだ記念碑がありました。童謡「お山の杉の子」は「月の砂漠」を作曲した、佐々木すぐる氏が戦時中にここに疎開し、作曲されました。

Dscf9634
チダケサシ

Dscf9637
平坦な道が続いていて、ゆっくりと散策できます。モミジもあったので綺麗な紅葉が見れると思います。

Dscf9646
カヌーをしている方が大勢いました。来年の東京国体のカヌーの試合が青梅市で行なわれると案内板がありました。調べたら、御岳渓谷で東京国体のカヌーの試合が開催されるようです。

Dscf9649
御岳橋 遊歩道は橋の下を通ります。

Dscf9663
杣の小橋 巨石がたくさんあります。

Dscf9674
多摩川第三発電所 多摩川の水路式の発電所は初めて見ました。

多摩川第三発電所は、東京都青梅市御岳にある発電所です。交通局発電事務所を併設しており、多摩川第三発電所から、多摩川第一発電所、白丸発電所及び白丸調整池ダムの遠隔監視制御を行っています。最大出力 16,400キロワット。

Dscf9686
目的地の神路橋を渡って、戻りました。遊歩道沿いには短い距離でしたが五つの吊り橋がありました。

Dscf9687
神路橋からの眺望です。

Dscf9696Dscf9702
神路橋を渡って、右岸の吉野氷川線遊歩道を進みました。右岸は木に蔽われた道が続きました。

Dscf9712
御岳万年橋の跡です。大正8年までここにあり、御岳山参拝者には大事な橋でした。

Dscf9715Dscf9716
ハナトラノオ                                            オイランソウ(フロックス)
渓谷沿いには色々な花が咲いていました。

Dscf9721Dscf9722_2
鵜の瀬橋の近くの東屋で休憩しました。このときは既に疲労困憊でした。 

Dscf9744
楓橋に戻ってきました。

Dscf9760Dscf9755
疲れていたのですが吉野街道沿いにある、即清寺によりました。
帰りも日差しが強く、疲労が激しくて、辛いツーリングでした。

Dscf9762Dscf9763
帰りは秋留橋から戸吹トンネルの中を走行しました。

走行距離 89.3km

寒山寺駐車場に着いたときにかなり疲れて、帰りは辛いツーリングでした。炎天下による、体力消耗は予想以上でした。前日に最初はJR青梅駅から名栗湖にヒルクライムしようと思っていましたが御岳渓谷遊歩道に予定変更して、よかったです。名栗湖に行っていたら、途中でダウンしていたかも知れません。御岳渓谷は景観が美しい場所でした。

寒山寺駐車場

« 2012年8月 | トップページ | 2012年10月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 

  •  

twitter

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品