無料ブログはココログ

ブックマーク

« 麻溝公園のクリスマスローズが咲き始めていました | トップページ | 威光寺 弁天洞窟を拝観しました »

2012年2月27日 (月)

旧中村家住宅・勝坂遺跡公園にご近所ポタ

2/18は旧中村家住宅、勝坂遺跡に行って来ました。相模田名民家資料館のひな人形展に行ったときに旧中村家住宅・勝坂遺跡公園のパンフレットを貰いました。場所を確認すると自宅から近い場所でしたので自転車で出掛けました。旧中村家住宅は幕末期の和洋折衷住宅です。勝坂遺跡公園は勝坂遺跡があった場所です。帰りに相模原公園に寄って、前日、見ることができなかった、マンサクと水仙を見つけることができました。

Dscf27212
赤い四角で囲まれた場所に行きました。
旧中村家住宅~勝坂遺跡公園~谷戸の風景~石楯尾神社~勝源寺
(クリックで拡大します)

Dscf2708
国登録有形文化財の旧中村家住宅です。全国的にも珍しい幕末期の和洋折衷住宅です。
1階は和風、2階は洋風な外壁です。

入館無料 開館時間 9:30~16:00 休館日 月・火・水曜日(祝日は休館)

Dscf2710
建築を手がけたのは鎌倉大工の石井甚五郎で、10年の歳月をかけて完成したと伝えられ、詳細な板図が残されています。

Dscf2717
旧中村家住宅の入口には長大な長屋門があります。

Dscf2694
1階の式台の間と茶の間が公開されています。

Dscf2700

Dscf2734
旧中村家住宅から自転車で5分位の場所にある、史跡勝坂遺跡公園です。
勝坂遺跡は日本における縄文時代中期(約5000年前頃)を代表する大集落跡です。

Dscf2732
土葺きと笹葺きの竪穴住居2棟が復元されています。中に入ることが出来ますが着いたときに管理の方が入口を閉めるところでした。
Dscf2735
笹葺きの竪穴住居です。

Dscf2760
正面に復元住居が見えます。とても広い公園でした。

Dscf2749
公園管理棟の前は土器野焼き場があった場所です。

Dscf2746

Dscf2747
管理棟には勝坂遺跡の土器が展示されていました。閉館時間でしたのでゆっくり見れませんでした。勝坂遺跡で発掘された多くの土器類は市立相模原博物館にて展示されているそうです。

Dscf2753
管理棟から下る道があったので下りてみると趣のある谷戸がありました。水田に向う道がなくて、近くには行くことはできませんでした。後から分かったのですが公園の東側から相模で最古の神社の有鹿神社(あるかじんじゃ)に行く道があったようです。

Dscf2758
集落の終末期に登場する敷石住居のレプリカです。

Dscf2764
勝坂遺跡公園の近くの石楯尾神社(いわだておじんじゃ)に寄りました。この鳥居の右側に勝坂遺跡A区があります。

Dscf2769
石楯尾神社は相模国に13社ある式内社の一社です。急な階段を上った、静かな場所にありました。

Dscf2770
勝源寺の本堂です。

Dscf2787
帰りに相模原公園の前を通ったので寄りました。ここは紅葉の丘です。

Dscf2782
distorition 松本理沙 2008
公園の隣にある女子美術大の作品が展示されていました。この作品は『おこりうる「歪み」という概念を表現した』と記されていました。とてもユニークな作品です。

Dscf2792
噴水広場近くの紅葉の丘に赤いマンサクが咲いていました。このマンサクはハマメリス・インターメディアという品種です。

Dscf2793
マンサクの由来が記されていました。確かに枝いっぱいに咲いていました。

Dscf2805
森の木展望台の前に少しですが水仙が咲いています。この水仙は八重の水仙です。

Dscf2808
日本水仙も咲いていました。

Dscf2809
麻溝公園の中を通っている、水道みち緑道は横浜水道の上を通る道です。

Dscf2812
麻溝公園の花壇に咲いていたガーデンプリムラです。

旧中村家住宅は昨年の11月に訪れた、新磯のざる菊会場近くでしたので場所はすぐ分かりました。勝坂遺跡公園の近くに勝坂歴史公園があるのですが勝坂遺跡公園があるのを知らないで復元住居があるのは勝坂歴史公園と思っていて、勝坂歴史公園を散策しても復元住居は見つかりませんでした。勝坂遺跡公園のパンフレットで復元住居があるのは、この公園であることを知りました。勝坂遺跡公園は勝坂遺跡D区の調査後に遺構を保存するため、遺跡に土をかぶせて、公開しているそうです。

勝坂遺跡公園

« 麻溝公園のクリスマスローズが咲き始めていました | トップページ | 威光寺 弁天洞窟を拝観しました »

コメント

linkaさん こんばんは

linkaさんとはやっぱり行く所が似ているようです。
自分も先日近くの植物園と瀬谷の長屋門公園に行って来ました。

勝坂遺跡公園は自分が行った時、管理の方が草むしりする横、
子供二人が元気にボール遊びをしてました。
その下に貴重な遺構が埋まっていたんですね。
笹葺き竪穴住居ってわらぶき屋根住宅の原型?
興味深い。

dawa3さん
私も植物園、古民家、神社、公園によく行きます。行き先はその日に決めることも多いです。日曜日は七福神で検索して、稲城市の威光寺の弁天洞窟に行って来ました。

茅葺民家は縄文時代に造られた竪穴住居が原型であるといわれているようです。勝坂遺跡公園の笹葺きの竪穴住居の復元は全国初のようです。

史跡勝坂遺跡公園は僕もサイクリングで行ったことがあります。
「あ、ここにこんな竪穴住居が」とちょっとびっくりした印象があります。
竪穴住居というと登呂遺跡のイメージだったので、こんな身近にと思いました。

トンサン
自宅近くの本町田遺跡公園にも縄文時代と弥生時代の竪穴住居があります。近くにあると逆に中々行かないものですね。登呂遺跡は小学生のときに一度行きました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 旧中村家住宅・勝坂遺跡公園にご近所ポタ:

« 麻溝公園のクリスマスローズが咲き始めていました | トップページ | 威光寺 弁天洞窟を拝観しました »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  •  

twitter

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品