無料ブログはココログ

ブックマーク

« 自転車の車道走行徹底へ方針転換 | トップページ | 新磯のざる菊が見事でした »

2011年11月 6日 (日)

薬師池公園菊花展、野津田公園ばら広場、万松寺谷戸に行きました

11/3は午後は久しぶりに境川源流、城山湖に行こうと思ったのですが東京アメッシュを見てみると埼玉県周辺で雨が降っていたので近所を自転車で周って来ました。薬師池公園では菊花展が開催されていました。近くの野津田公園ばら広場のバラが見頃になっていると思うので見て来ました。帰りに野津田公園近くの万松寺谷戸に寄りました。


Dscf9147_2
薬師池公園では第18回町田市菊花展が開催されていました。授賞式が行われていて、市長が出席されていました。

Dscf9157

Dscf9159
見事な菊が展示されていました。

Dscf9181
受賞した菊です。

Dscf9149
色合いがいいですね。

Dscf9187

Dscf9197
池の周辺の木は色付き始めていました。左サイドバーに2年前の薬師池公園の紅葉のフォトアルバムがありますが色鮮やかで綺麗です。

Dscf9204
キンクロハジが越冬のために飛んできたようです。

Dscf9221
ハス田の横に何とアジサイが咲いていましたがこの時期に咲くのですね。

Dscf9238
薬師池公園から野津田公園に来ました。この建物は北口近くにある、村野常右衛門生家です。9/4に訪れたときは15分遅れで見学できませんでしたが今回は中に入ってみました。

町田市の指定有形文化財になっている建物で、市内野津田町にあったものを村野家から町田市が寄贈を受け移築したものです。 村野常右衛門は多摩地区有数の自由民権運動家でした。

Dscf9236
当時の家財道具などが展示されており、明治期の生活の様子を見ることができます。

Dscf9228
江戸時代末の創建時の茅葺きの屋根のときの模型が展示されていました。

Dscf9241
野津田公園の運動場でFC町田ゼルビアのサッカーの公式戦が行われていました。ばら広場まで大声援が聞こえていました。

Dscf9245
ばら広場のバラが見頃を迎えていました。

Dscf9301
桜貝 一面に咲いていて奇麗でした。

Dscf9252
あけぼの (日本)

Dscf9281
ブルーバユー 好きな色です。隣りに同じ色のブルームーンが咲いていました。

Dscf9297
伊豆の踊り子 (日本)

Dscf9335
安曇野という品種の実です。実を生らせたバラを初めて見ました。

Dscf9309
アンネの形見 好きなバラです。ばら広場に来た時は必ず、咲いているか確認します。

Dscf9353
バローレ

Dscf9341_2
ばら広場の立派なパンフレットが置かれていました。今年の春に作成されたものです。

野津田公園の西側の小野路は東京都の条例で保全地域(図師小野路歴史環境保全地域)に指定されています。 この地域は谷戸の棚田やため池、城跡があって、里山の景観が素晴らしい場所であることを最近、知りました。

Dscf7890_2
赤で囲まれた場所を訪れました。地図にはありませんが道祖神のそばに乗越八幡跡があります。右下が野津田公園です。
(クリックで拡大します)

Dscf9359
小野神社 小野篁を祀った神社です。

Dscf9363
万松寺の近くにある、六地蔵です。七体ありますが一体は別なお地蔵さんだそうです。

Dscf9369
万松寺です。京都のお寺の庭のような見事に手入れされた庭でした。

臨済宗のお寺で鎌倉時代元徳二年(1330年)につくられた由緒あるお寺です。本山は鎌倉にある建長寺ですから幕府とも深い関係にありました。

Dscf9372
万松寺の庭にホトトギスが咲いていました。

Dscf9378
万松寺近くの万松寺谷戸(ばんしょうじやと)の風景です。自宅から自転車で20分の場所にこのような素晴らしい谷戸があるとは知りませんでした。入口に周辺地図がありました。

Dscf9386
万松寺谷戸の横の道をしばらく進むとT字路があり、そこに乗越八幡跡と呼ばれる場所がありました。説明板に乗越は峠のように山道が尾根を越える地点に付けられることが多く「八幡」は戦の神様ですから小野路城と関係があるかもしれないと説明されていました。

Dscf9405
乗越八幡跡の道の反対側に道祖神と五輪塔がありました。

Dscf9398
T字路を右折して、小野路城址に向う尾根道を進みました。このときに午後4時45分を過ぎていて、辺りはかなり暗くなっていました。

Dscf9397
小野路城址です。

城址はその尾根路を辿った雑木林の山頂になり、祠が祀られて、戦国の後北条氏の出城跡と云われ、小山田城の支城として小山田重義が城主として治めました。

Dscf9402
小野路城址の東側に小町井戸がありました。湧き水のような感じでした。

小野小町が悪病にかかり、ここに千日籠もり療養したところ、病が治ったということから小町井戸と呼ばれるようになったと伝えられます。

尾根道を先に進もうと思ったのですがかなり暗くなっていて、道に迷うかも知れないと思ったので今回は乗越八幡跡に戻って帰りました。


野津田公園の近くに六地蔵があることを知って、調べると小野路周辺は谷戸の風景が残されていて、史跡も多いことが分かりました。長年、この近くに住んでいるのですがこのような場所があることは知りませんでした。この周辺は万松寺谷戸の他に神明谷戸、五反田谷戸、白山谷戸、田中谷戸などの谷戸がたくさんあります。今回は時間に余裕があると思って出掛けたのですが暗くなってしまい周れませんでした。いつも間にか日没は午後4時25分の早い時間になっていたのですね。今回は記事が長くなって、すみませんでした。

野津田公園


万松寺

« 自転車の車道走行徹底へ方針転換 | トップページ | 新磯のざる菊が見事でした »

コメント

厚木にも「小町井戸」がありますよ。
http://blog.goo.ne.jp/tonsan2/e/5a254188766b0e5da1f54bc5a8c29c4b
いわれはわかりません。

小野小町に関する史跡は全国的にあるんですね。
http://komatide.web.fc2.com/mappu.html

やはり世界3大美女の一人だったからかな。(*^ω^*)ポリポリ

井戸だけではなく、生誕の地、終焉の地も全国にたくさんあるのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 自転車の車道走行徹底へ方針転換 | トップページ | 新磯のざる菊が見事でした »

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

 

  •  

twitter

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品