無料ブログはココログ

ブックマーク

« ど根性ツツジが今年も咲いていました。 | トップページ | 里山の野津田公園ばら広場 »

2011年5月23日 (月)

見頃の生田緑地ばら苑にツーリング

5/21は生田緑地ばら苑にツーリングしました。5/19から16日間、ばら苑が開園されます。公式ブログでは5/20の時点で5分咲きでしたが、先日、NHKでも紹介されていて、かなり開花している感じでした。次の日が雨の予報でこの日は天気がとても良いので出かけました。昨年、来た時はちょうど見頃で花の見事さに圧倒されました。今年はあまり期待しないで出掛けました。

Dscf2740
自宅から自転車で1時間8分で生田緑地東口に着きました。日本民家園の近くに自転車を止めました。

Dscf2738
ばら苑は山の頂にあるので生田緑地東口からは裏門に向う道を登っていきます。

Dscf2477
今年は少し早いかなと思っていたのですが見事に開花していました。最初にこの光景を目にして圧倒されました。

Dscf2483_2
カクテル(つるばら) フランス 1957年 前の写真の右側に写っている、つるばらです。3m以上ありました。

Dscf2487
クシストファー・ストーン (イギリス) 大輪種のバラです。
(全ての画像はクリックで拡大します)

Dscf2491
桜霞 (日本) 1990年

Dscf2492
全ての花が開花して、ちょうど見頃になっていました。品種と株数が多いです。

Dscf2509
ダブル デライト (米) 1977年 1985年殿堂入り 昨年も見ましたが鮮やかな色合いがいいです。

<殿堂入りのばら>

世界37カ国のバラ会が加盟する世界バラ会連合によって、3年に1度開催される会議で、世界中で愛されるバラの中から選び抜かれたバラが「バラの殿堂」に収められます。

Dscf2525
生田緑地ばら苑は530種、4700株のバラが開花します。これだけの規模のバラ園は中々ないと思います。

Dscf2536
ピース (フランス) 1945年

Dscf2538
チャールストン (仏) 1963年 私の好きなバラです。遠目にも鮮やかな色が引き立っていました。

Dscf2549
つるばらもちょうど見頃で楽しめました。

Dscf2567
スターザン・ストライプス (米)

Dscf2571
ミニバラ苑から眺める、ばら苑の全景です。多摩丘陵の緑に囲まれています。この日は大勢の方が訪れていましたが広いので人の多さは気になりませんでした。

Dscf2574
バイオレット・ドリー (日本) 1983年

Dscf2584
ゴールデン・スリッパーズ (米)

Dscf2621
皇室等にちなむバラを集めたロイヤルコーナーです。

Dscf2700
フラウ・カール・ドルシェキー(つるばら) 園内にはつるばらが沢山咲いていました。

Dscf2646
コルデス・パーフェクタ (ドイツ) 1957年 大輪種のバラは見応えがありました。

Dscf2658
ベスビアス (イギリス) あまりにも多い花の名前にどうやって花の名前を付けるのかしらと話されている方がいました。

Dscf2662
ブラック・テイ (日本) 1973年 落ち着いた花の色がとてもいいですね。

Dscf2666
イングリッド・バークマン (デンマーク)  2000年殿堂入り
スクリーンの大女優、イングリッド・バーグマンに捧げられたバラです。

Dscf2688
コティリオン (米)

Dscf2697
鉢ばらのコーナーです。

Dscf2703

閉園数分前になって、人が少なくなったので、つるばらの動画を撮りました。


Dscf2715
クローネンブルグ (英) 変わった花の名前も結構あります。

Dscf2724
ばら苑の閉園時間は16時30分でして、このときは16時31分でしたので人が少なくなっていました。

Dscf2720
ウィミー (独) 1982年

ばら苑はボランティアの手入れと募金で運営されています。僅かながら募金をしてきました。

Dscf2730
ばら苑から帰るときに最後に撮った写真です。最初に掲載した同じ場所の写真と比べて、閉園後なので人が少ないです。

Dscf2744
生田緑地東口に戻って、生田緑地を少し散策しました。菖蒲園にアヤメが咲いていました。

Dscf2750
D51蒸気機関車が展示を休止していました。一部配管の巻きつけ等にアスベストが使われいて、アスベスト対策工事が行われていました。

Dscf2754
樹霊 岡本太郎 (1970年)
岡本太郎美術館の前に行きました。美術館は既に閉園していました。この作品は大阪万博テーマ館「太陽の塔」の地価展示室に展示された作品です。

Dscf2758
母の塔 岡本太郎

ばら苑が開園して、三日目でしたが既に十分に見頃を迎えていて見事でした。これだけの規模の見事なバラを無料で見ることができます。ばら苑までは急な坂道を登るのですが来てよかったと話されている方が多かったです。昨年もツーリングで訪れたのですがそれを最後に大病に伏して、長期間、ツーリングできなくなりました。今年の生田緑地ばら苑は別な意味で感慨深いものがありました。健康であることはそれだけで有難いと思います。

生田緑地ばら苑

« ど根性ツツジが今年も咲いていました。 | トップページ | 里山の野津田公園ばら広場 »

コメント

linkaさん ばら苑の開花と共に完全復活ですね。
いやぁそれにしてもこれだけの広いバラ園が、寄付とボランティアの手で運営されているなんて。
しかも入園料無料とは。見に行かないと損ですね。
linkaさんには珍しく動画をアップされていますね。
風に揺れる葉の様子がいいですね。

トンサン
1月まで体調が良くなかったのですが今は完全復活できて幸いでした。病の症状が線維筋痛症という、完治する治療方法がない病気に似ていて、とても心配した時期もありました。

これだけの規模のバラ園を無料で見られるのは素晴らしいですね。開園2日間で平日なのに8300人以上の入場者があったそうです。動画は閉園間際で人がいなかったので撮ることができました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見頃の生田緑地ばら苑にツーリング:

« ど根性ツツジが今年も咲いていました。 | トップページ | 里山の野津田公園ばら広場 »

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

 

  •  

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品

アナログ時計