無料ブログはココログ

ブックマーク

« 石原都知事「大震災は天罰」発言 | トップページ | 大震災の現実とコストコのその後 »

2011年3月18日 (金)

計画停電が初めて実施されました。

町田市の第2グループに住んでいます。私は都内に出勤していましたが昨日、計画停電が12:20~16:00頃に初めて実施されたそうです。信号機も止まって、歩行者が横断するのが危なかったと言っていました。昨日は累計1800万世帯の大規模停電が実施されたようです。

昨日は気温低下の影響などで夕方から夜の需要ピーク時にかけ、不測の大規模停電も懸念されるとの発表があり、会社から早期帰宅指示が出たので17時前に出社して帰宅しました。小田急線は朝の通勤ラッシュ並みにかなり混雑していました。停電の影響でしょうか駅前の24時間営業の西友が閉店していました。

3時間程度の停電は震災の被災者のことを思うと何でもないですが福島第1原発の事故が早期に収束して欲しいです。想定外の大津波で、外部からの電源と非常用ディーゼル発電機を失い、冷却水を制御する機能が完全に喪失しているかなり危険な状態が続いています。原発の炉心は5重の壁で囲まれていて、いかなることが起きても安全性が保たれるように設計されていますが冷却水を制御する電源系統が津波で機能喪失するのは想定していなかったようです。最初、アメリカが東電に海水による冷却を要請したのを廃炉になるので拒否した経緯もあります。

大地震の影響は大きく、本州が東に243センチも動いたとそうです。余震は一ヶ月位続くと予想されていて、予断は許さない状況が続いています。亡くなった祖母から聞いた、関東大震災の話しではやはり、余震は一ヶ月位続いて、東京からかなり離れた静岡県にいましたが余震が怖くて、竹やぶに布団を敷いて寝たそうです。

今できる事は節電、買いだめをしない、必要以上の給油はしないことです。石油3日分の備蓄の126万キロリットルが放出がされましたので関東では来週中には平常に戻るようです。車のガソリンが半分以上も残っているのに給油できなくなるリスクヘッジの心理で給油する人が多いそうで悪循環が起きています。テレビでは被災地の復旧作業に使われる重機の燃料も不足している深刻な状況続いていると報道されていました。

« 石原都知事「大震災は天罰」発言 | トップページ | 大震災の現実とコストコのその後 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364456/39269654

この記事へのトラックバック一覧です: 計画停電が初めて実施されました。:

« 石原都知事「大震災は天罰」発言 | トップページ | 大震災の現実とコストコのその後 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

  •  

楽天商品

楽天商品 

‚‚„„„

twitter

最近のトラックバック