無料ブログはココログ

ブックマーク

« 富士宮から望む本日の富士山 | トップページ | 忠生公園のロウバイ苑に行きました。 »

2010年12月27日 (月)

目の錯覚

目の錯覚のことは錯視(さくし)と言われるそうです。かなり、前に下記のページを見まして、とても不思議な感じがしました。

北岡明佳の錯視のページ
http://www.ritsumei.ac.jp/~akitaoka/

3作品までなら、転載可能ということなので作品を転載します。静止画像なのに動いているように見えます。その他の画像は上記のサイトでお楽しみください。非常に多くの作品が掲載されています。

Rotrays
                                                  「エイの回転」
外側のエイは時計回りに、内側のエイは反時計回りに泳いで見える。

Ampan

                                               「渦巻きアンパン」
灰色の線は同心円なのだが渦巻きに見える。


Rollers_2
                                                 「ローラー」
何もしなくてもローラーが回転しているように見える。まばたきをすると反対方向に回転するように見える。
(画像はクリックで拡大します)

錯視はこの他にも数多くありますが少し紹介します。

ツェルナー錯視
非常に有名な錯視の一つ。図にある4本の線分は全て平行である。羽の角度が鈍角であ
るほど、錯視は顕著になる。

Zollner_figure


ポップル錯視(文字列傾斜錯視)

平行に並べた図形の模様を均等に上下にずらすと、図形が傾いて見える錯視。「杏マナー」とパソコンで入力すると文字が右下がりになっていることが『トリビアの泉』の番組でも放送されたようです。

杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏ーナマ杏
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー
杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー杏マナー

ミュンスターバーグ錯視・カフェウォール錯視
平行線の両側に等間隔に同じ色の正方形を描く(上下互い違いになるようにする)。すると平行なはずの線分が歪んで見える。カフェウォール錯視はその線分が灰色になったもので、より屈折度が高まる。

800pxcafc3a9_wall_svg

« 富士宮から望む本日の富士山 | トップページ | 忠生公園のロウバイ苑に行きました。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1364456/38237643

この記事へのトラックバック一覧です: 目の錯覚:

« 富士宮から望む本日の富士山 | トップページ | 忠生公園のロウバイ苑に行きました。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

 

  •  

楽天商品

楽天商品 

‚‚„„„

twitter

最近のトラックバック