無料ブログはココログ

ブックマーク

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

健康であることの有り難味

2週間前から体調に異変を感じていまして、先週の27日と28日は会社を休みました。28日は病院で診察を受けましたが検査結果が明日出る予定なので疲労回復の漢方薬を処方してもらいました。全身に激しい疲労感がして、じっとしていても辛い感じでした。本日は多少回復しましたのでこの記事を書いています。普通の疲労でなく、病的な疲労感を感じていまして、ネット検索すると様々な病気があるこを知り、今まで無茶してきたことを強く反省しました。ここ一年位は7時半頃出社、24時に帰宅、26時就寝、6時頃起床の睡眠時間4時間の生活をずっと続けてきました。元々、ショートスリーパーでないので体が悲鳴を上げたのでしょう。これからは、6時間の睡眠時間を取れるような生活をしようと思っています。

今回は健康であることの有り難味を強く感じました。無茶すれば、完治困難な病が多くあることを知りました。よく、芸能人が忙しくて、睡眠時間が3時間の話を聞きますが、私の場合は最初は体が慣れるまで週末はひどい疲労感で動けませんでした。ある時からは、人間の慣れは恐ろしいもので平均睡眠時間4時間未満の生活をしても、大丈夫のようになってしまいました。仕事に集中して、緊張していると疲れを感じなくなり、週末も普通に過ごせるようになってしまいました。でも、確実に体に大きな負担やストレスを掛けていて、いずれ、重大な症状を引き起こす原因になる可能性があると思います。今回も、これ以上のこのような生活を続けてはいけないとの警告として受け止めて、毎日の生活を軌道修正しなければいけないと感じました。それにしても、とても忙しいときは毎日25時に帰宅して、3時間以下の睡眠時間で何日も過ごしたこともありました。ですので、すみませんが、このブログもあまり更新できないかも知れませんがよろしくお願いいたします。

最近、明石家さんまさんの娘さんの名前『いまる(IMALU)』は父親の座右の銘「いきてるだけでまるもうけ」から命名したことを知りました。生きているから明日があるのですから、明日のことを考えて過ごさないといけないですね。社会人になって、間もない頃は出張して、一日に15時間働くなんて無茶なことをしていました。そのときにプログラムのバグの原因を夢の中で教えてくれて、実際にそれが本当のバグの原因だったという面白い経験をしたことがありました。今までもそのことを時々思い出します。

2010年5月26日 (水)

生田緑地ばら苑の続きです

5/22の生田緑地ばら苑に咲くばらを後少し紹介させていただきます。この日は爽やかな日でしたのでゆっくりと2時間くらい鑑賞しました。子供の頃に向ヶ丘遊園は何度も来ているので、ばら苑にも来ていると思うのですが何故か記憶がないです。

Dscf7246
ダブル・デライト 2色の色合いが綺麗でした。

Dscf7220
プリンセス・マーガレット ロイヤルコーナー

Dscf7222
プリンセス・ド・モナコ ロイヤルコーナー

Dscf7227
ピース 独 1945年 ドイツのばらコーナーに咲いていました。

Dscf7223
ロイヤルコーナー

Dscf7230
コティリオン

Dscf7237
ルンバ デンマーク 1958年

Dscf7250
シカゴ・ピース 米 1962年

Dscf7256
ギンリョウ 日本 1990年 日本作出のばらです。

Dscf7263
ルバイセット 英 1946年

Dscf7274
インカ 独 1978年

Dscf7289
ゴールド コイン 米 1967年 小さい花びらの品種です。

Dscf7291
スターザン・ストライプス 米 1976年

ばら苑から自転車を置いた生田緑地の入り口に16時20分くらいに戻りました。生田緑地の枡形山にある展望台からの眺めがよいとのことでしたので行ってみました。


Dscf7340
枡形山は上部はローム層だそうです。

Dscf7330
枡形山山頂の広場です。生田緑地の中で一番標高の高い場所ですが海抜84mです。この場所の右側に枡形城跡の記念碑があって、かつては源頼朝が鎌倉に幕府を開いた頃、ここに城があったようです。

Dscf7329
枡形山にある展望台です。ここのエレベータのボタンは1階と2階しかないので2階だと勘違いして降りてしまって、かなりの段数を降りました。

Dscf7331
新宿方面 360度の展望です。

Dscf7332
向ヶ丘遊園駅方面 右側に多摩川に架かる橋が望めます。

Dscf6962
6月中旬頃に花菖蒲が約2,800株が咲くようです。

Dscf6963
日本民家園の入り口です。古民家の野外博物館。東日本の代表的な古民家をはじめ、水車小屋・船頭小屋・農村歌舞伎舞台など25棟の文化財建造物が、丘陵地に配置されているそうです。国指定重要文化財が多数あります。

Dscf6964
日本民家園の案内図

Dscf7345
青少年科学館のプラネタリウム撮影館ですが5/10から改築のために閉鎖されています。中学生の頃、最初にプラネタリウムを見に来たことがあります。かなり古いので老朽化に伴う改築でしょうか。

Dscf7344
こちらの展示館であった建物に仮設プラネタリウムを設置して、投影されているようです。

普通のプラネタリウムでは星は3万個程度しか投影できないのですがここのプラネタリウムは川崎市多摩区在住のプラネタリウムクリエイター大平貴之さんが独力で開発・製作したプラネタリウム投影機「メガスターIIの2号機ミネルバ」を使用していて、410万個という膨大な数の星を正確に映し出します。テレビ番組の「ガイアの夜明け」という番組で開発の経緯を見たことがあります。執念で作り上げた感じでした。メガスターIIはここと日本科学未来館にしかありません。ですので、一度見に来たいと思っています。毛利衛さんが「自分が宇宙から見た星空そのもの」と言ったそうです。


Dscf7348
青少年科学館の前にD51蒸気機関車が展示されていました。

Dscf7351
ブルートレイン(客車)も展示されていました。中に入ることができます。

Dscf7349
奥の池

向ヶ丘遊園のばら苑が2002年に川崎市が引き継いだ後に一度は行きたいと思っていましたが中々行く機会がありませんでした。予想以上に見応えのある素晴らしい、ばら苑でした。今年は例年よりも大輪の花の咲き具合がいいそうです。

生田緑地ばら苑

2010年5月23日 (日)

生田緑地ばら苑に行きました

5/22は生田緑地ばら苑に自転車で行ってきました。5/18に一般公開されて、7分咲きですが十分に見頃とのことでしたので今回、初めて出かけました。生田緑地ばら苑は、小田急向ヶ丘遊園の閉園に伴い、園内に整備されたばら苑を、存続を求める多くの市民の声に応え、2002年に川崎市が引き継いだものです。向ヶ丘遊園の時代に行ったと思うのですが子供の頃でしたので記憶に残っていません。

生田緑地の丘の上にあって、裏門に続く山道を10分くらい歩くと突然、見事に咲き誇るばら苑が出現して、感動しました。530種約4700株の規模だそうですが、今まで色々な、ばら園を見ていますが規模と品種の多さに圧倒されました。ここは、多くのボランティアの方が栽培に参加されて運営されています。これだけのばら苑を無料で見えれるのは感謝です。

あまりにも種類が多いのでひたすらカメラを握り締めて撮影していたら、指がつっちゃいました。こんなことは初めてです。来てよかった思いながらひたすら撮り続けました。

Dscf6958
小田急線 柿生駅と新百合ヶ丘駅の間の川沿いの桜並木です。1キロ以上もあって、桜が満開のときは素晴らしいです。

Dscf6961
新百合ヶ丘駅近くでブルーのロマンスカーが止まっていました。

Dscf6965
1時間ちょっとで生田緑地に着きました。ここに自転車を止めて、歩いて生田緑地ばら苑に行きました。

Dscf7328
ばら苑には2つの道がありますがこの裏門に続く道を行きました。

Dscf6972
山道を歩くと突然現れた、咲き誇るばらに圧倒されました。

Dscf6976
メヌエット

Dscf6983_2
カクテル つるばら 見事ですね。

Dscf6987
アマリロ

Dscf6992
つる サマー・スノー ここのばら苑は種類が多いのと同じ花の種類が一面に咲いている場所が多くありました。

Dscf6998
ウィミィ

Dscf7007
これだけの花の量のばらははじめて見ました。

Dscf7018
アンボズフンケン 大輪種 ボタンの花と同じくらいの大きさでした。

Dscf7027
ローラ81 大輪種

Dscf7030
中央の丘

Dscf7032
イントゥリーグ

Dscf7037
バンブリッジ 一面に咲いていて、見事でした。

Dscf7039_3
ゴルデルゼ

Dscf7047
ジーン・ブーナー

Dscf7057
フロリック

Dscf7061
花の多さが分かると思います。

Dscf7071
スパニッシュ・ビューティ

Dscf7074
突然ですが最近、保冷剤にキスチョコ(コストコで購入)を入れて、持ってきます。気温が高くても解けることはないです。チョコは美味しいし、カロリー補給にはいいですね。

Dscf7075
バラの分類

Dscf7077
カクテル 仏:メイアン この花の色は私の好きな色です。

Dscf7089
つるばらのコーナー 種類が多くて素晴らしかったです。

Dscf7094
サンダンス

Dscf7099
つる デンティー・ベス これがばらと思える品種ですね。

Dscf7102
ロサ・モスカータ これも変わった花びらですね。

Dscf7158
ブルームーン 古くからある品種で年輪が出来るほどの大木になっているそうです。この花の色が好きな方は多いと思います。

Dscf7109
しぎょく 鮮やかな色合いでした。

Dscf7117
モスローズ

Dscf7122
つるばらの花びらが桜吹雪のように散っていました。

Dscf7123
焔の波

Dscf7141
ビアンカ 新設されたイングリッシュローズコーナーにありました。

Dscf7143
スキャボロ イングリッシュローズコーナー

Dscf7145
カクテル

Dscf7146
皇室等にちなむバラを集めたロイヤルコーナー

Dscf7153
クロシンジュ

Dscf7162

ショキング・ブルー この花はブルー・ムーンと似てますね。

Dscf7170

マスケラード つるばら 色合いが違う花が咲いていました。ここのばら苑はつるばらがとても多いのも特徴です。

Dscf7172
芝生が多くて、のんびりと鑑賞できます。

Dscf7174
カウンティ・フェア

Dscf7186
ライラック・チャーム

Dscf7195
チャールストン 中央の丘の横に咲いていて、鮮やかさが一際目立っていました。

Dscf7210_2
プリンセス・ミチコ ロイヤルコーナーに咲いていました。

Dscf7212
つるばら ロイヤルコーナーの入り口

Dscf7215
ロイヤルコーナー

Dscf7217
ダイアナ プリンセス オブ ウェールズ ロイヤルコーナー

Dscf7296
多くの方が訪れていましたが広いので気になりませんでした。

種類が多いので一部を紹介させていただきました。ばら苑は無料ですが運営のための募金を行っています。今回、初めて行きましたが予想外の規模の大きさと花の種類の多さに驚きました。車で行く場合は駐車場の台数に限りがあるので生田緑地東口の駐車場に止めて、ばら苑の裏門から入るとよいと思います。生田緑地の枡形山の記事も少し書きたいので後日、残りは紹介したいと思っています。

走行距離 36.6km

生田緑地ばら苑

2010年5月22日 (土)

四季の森公園に行きました

5/15は久しぶりに自転車で鶴見川サイクリングロードを走行して、四季の森公園に行ってきました。最初は大垂水峠、名手橋に行こうと思ったのですが次の日に車で本栖湖まで長距離運転する予定があったので近場にしました。

コース 町田~鶴川駅~鶴見川サイクリングロード~落合橋~四季の森公園~緑区区役所~落合橋~恩田川サイクリングロード~町田駅~町田

四季の森公園は横浜線中山駅の近くの横浜市緑区にあります。町田から鶴見川サイクリングロード経由で1時間半くらいで行けるので時々出かけます。周辺は市街地なのに里山の風景が残る長閑な雰囲気を味わえる公園です。ホタルを見ることができる公園としても知られています。

Dscf6514
鶴見川サイクリングロード(CR) 鶴川駅付近

Dscf6518
鶴見川CR じげ橋付近 ここから200mくらい未舗装です。

Dscf6527
鶴見川CR 川岸にサクラソウが咲いていました。

Dscf6529
東名高速の横浜青葉ICのループ

Dscf6531
鶴見川CRは周りが木々に囲まれている箇所もあって、好きなCRです。

Dscf6545
四季の森公園の南口の噴水

Dscf6609
四季の森公園の南口を入った場所にある展望台です。新宿副都心や富士山、丹沢の山並みが望めます。空気が澄んだ日はダイヤモンド富士を見ることができます。

Dscf6548
展望台からの眺め 新宿方面

Dscf6549
展望台からの眺め 横浜方面

Dscf6556
4月に出来たばかりのジャンボすべり台

Dscf6561
じゃぶじゃぶ池の隣に咲いてたシランです。この花は横浜市緑区の花だそうです。

Dscf6562
池に垂れ込めるようにヤブデマリが咲いていました。色々な場所で見かけました。

Dscf6568

Dscf6570
池の周辺の里山の風景

Dscf6573_2
しょうぶ園です。見頃のときに来たことがありますが見応えがあります。

Dscf6578_2
しょうぶ園の近くに咲いていたアヤメです。

Dscf6584_2
水車小屋の近くに咲いていたヤブデマリ 白い飾り花の5枚のうち1枚が極端に小さいのが特徴です。

Dscf6602
モミジの新緑が綺麗でした。

Dscf6606
売店で懐かしいおもちゃを見かけました。子供の頃、これでよく遊びました。

Dscf6607
売店内の腰掛で灰皿がないのと聞いている方がいましたがこういう理由で先月から公園であっても禁煙になったのですね。

Dscf6616
帰りは横浜線沿いの一般道を走行して、落合橋から恩田川サイクリングロードに入りました。

Dscf6617
両側の木はソメイヨシノの桜で以前、前のブログで写真を公開しましたが満開のときは見事でした。
恩田川の桜が満開のときの写真はこちらです。

四季の森公園は近くにある動物園「ズーラシア」と同じくらいの広い公園で、山に囲まれていて、散策するにはよいところです。紅葉のときも素晴らしいです。

走行距離 41.9km

四季の森公園

2010年5月20日 (木)

お菓子な TRAIL MIX

家の近くにアメリカのコストコホールセールという倉庫型店舗があります。ここでしか買えないものが結構あります。どれも、業務サイズで小分けで買えるものはほとんどありません。お吸い物60袋入り、卵スープ30袋入り、クロワッサン30個入りみたいな商品です。

Dscf6835

Dscf6839

TRAIL MIXというお菓子はピーナッツ、アーモンド、カシューナッツ、M&Mチョコレート(マーブルチェコと同じ)、レーズンが入っています。
レーズンが塩味で甘く、しょっぱく、硬く、柔らかくがごちゃ混ぜになって、独特の味わいがあります。いわゆる、食べだしたら止まらないクセになる、お菓子です。悪魔のお菓子とか書かれてある記事も読みました。
TRAIL MIXも大きな箱に子袋が18袋(計1.27kg)入ったセットでしか買えません。

2010年5月19日 (水)

町田のど根性ツツジ

5/15に自転車で四季の森公園に行って、18時半位に帰宅してから、ブログを見ていたら、自宅から遠くない場所でど根性ツツジが咲いていることを知りました。

電柱を支えている鉄線の黄色いカバーの上にツツジが咲いています。品種はヒラドツツジ。場所は町田市木曽東3

昨年、読売新聞で記事が掲載されたようで今年も咲いています。花の生命力の強さを感じます。ガンバッテますね。

町田には私が見に行きました町田市木曽東以外にももう一箇所、昭和薬科大の近くにもあるようです。

Dscf6624

Dscf6620
2010年5月15日撮影

2010年5月17日 (月)

富士芝桜まつりに行きました

5/16は車で本栖湖近くに会場(竜神池)がある富士芝桜まつりに行ってきました。今年で三年目で昨年の素晴らしい写真を見て、一度行ってみたいと思っていました。植付面積約2.4ha、約70万株だそうです。今年は色々な花の開花が遅れているようでここの芝桜も6分咲きであったのですが親戚の方と一緒に行くことが決まっていたので行きました。富士芝桜まつりはテレビで紹介されたこともあって、渋滞は予想されたので6時40分に町田を出発しましが会場に着いたのが11時でした。河口湖ICから会場まで激しい渋滞で2時間くらいかかりました。芝桜は6分咲きでしたが部分的には満開している箇所もあって、見応えはありました。次の週末くらいが見頃でしょうか。車で行くときは迂回路を調べて、早朝に行かないと渋滞に巻き込まれること必須です。

Dscf6824
この写真は昨年の5月2日撮影

Dscf6636
この写真は河口湖ICの出口手前で車の中で撮影しました。結局、この写真が雲のない最初で最後の富士山の写真になりました。

Dscf6639
富士芝桜まつり会場の入口です。ここまで車で来るのが長かったです。(笑)でも、いい天気でそれほど寒くなく、気持ちよく散策できました。

Dscf6644
最初の撮った芝桜の写真です。思っていた以上に咲いていました。

Dscf6647
6分咲きでした。

Dscf6656
富士山はこんな感じで見えたり見えなかったりしました。

Dscf6658
真ん中の大きな木の後ろは展望台です。

Dscf6664
6分先咲きなので花が咲いていない箇所も結構ありました。

Dscf6673
すみません、斜めになっていますね。

富士芝桜まつりの展望台から撮影した動画です。

Dscf6675
富士芝桜は上から見ると白い芝桜が龍の形をしているそうで中央の部分は龍の頭の部分です。

Dscf6677
人の多さが分かると思います。観光バスのツアー客も多かったです。

Dscf6682
密度が足りない感じに見えますがそこそこ見れました。

Dscf6696

Dscf6705
ここは満開で綺麗に咲いていました。

Dscf6715

Dscf6660
多摩の流れ(花名) 花弁の周りに白い覆輪ふちどりを持ち、ピンクがストライプのように可憐な斑(まだら)模様を花びらに描きます。遠くから眺めると肌色を帯びたピンク(トキ色)の群生のように映ります。

Dscf6662
マックダニエル クッション 大輪咲きのシバザクラです。濃いめのピンクの花弁を持つ存在感あふれる園芸品種です。北米が原産で寒さにとても強いのも特徴です。

Dscf6713
モンブラン 白い、やや細身の花弁を5枚もつ可愛いシバザクラ。大地を覆う淡雪のような群生が広大な眺めに美しいアクセントをつけています。軸色のイエローも可憐で花も小振りで小さめです。

Dscf6731_2
多摩の流れとマックダニエル クッション

Dscf6746
竜神池です。ダブルダイヤモンド富士(水面にもダイヤが映る)が見ることができる場所でもあります。ダイヤモンド富士の愛好家には有名なスポットらしいです。

Dscf6750

Dscf6754
一つ前の写真の左端のT字型にくぼんでいる所をのぞいたら黒いものが…。拡大すると分かると思いますが○○○じゃくしです。

Dscf6764
この写真も斜めですね…。

Dscf6765

Dscf6766
ここが一番密度が高い場所で見事でした。白い芝桜が龍の首の部分に相当する場所です。

Dscf6779
薄いピンクの芝桜もいいと思いました。ここの芝桜は5種類植えられているそうです。

Dscf6784
見納めに撮った写真です。

Dscf6787
入り口から芝桜が咲いている場所まで5分くらい歩くのですがその道の途中に咲いていたレンゲツツジです。

Dscf6795
西湖までの迂回路の途中の富士ヶ嶺の展望台から撮影しました。中央に本栖湖が見えます。山に囲まれた湖ですね。

Dscf6805
西湖の傍の鳴沢氷穴に行きました。富士山の側火山「長尾山」の噴火の際、古い寄生火山の間を流れた溶岩流で作られた溶岩洞窟です。

Dscf6807
入り口はこんな感じで天井がものすごく低くいです。

Dscf6811
洞窟内は0度で短時間とは言え、手が冷たかったです。

Dscf6814
メインの氷柱です。

Dscf6820
中央道の談合坂SAからの眺めです。新緑が絨毯のようで見事でした。

Dscf6829
談合坂SAの駐車場です。ハーレーダビッドソンで810万円するらしいです。

Dscf6831
メーターがポルショと同じ5連メータだそうです。3スピーカーのカラオケも搭載されていて、ヘルメットを被ると頭の上の方から聞こえるそうです。ハーレーダビッドソンはエンジンの音が好きと言ってました。エンジンの音で仲間の誰かが分かるそうです。

芝桜も素晴らしくよかったのですが中央道を走行するときに行きも帰りも連なった山々の新緑が新鮮で印象に残りました。山に咲いている藤の花も沢山見ました。今年は藤の花の当たり年なのしょうか。富士芝桜まつりに車で行く場合は行きも帰りも渋滞覚悟で行く必要があります。期間限定で日の出を見るために5時から営業してるときもあるので早朝出発するのがいいかも知れません。

富士芝桜まつり会場

2010年5月15日 (土)

深大寺、神代植物公園に行きました

5/4は自転車で一年振りに深大寺、神代植物公園に行ってきました。昨年の5/4に深大寺に行ったときに偶然、神代植物公園がみどりの日の無料入園日と知りました。公式HPには無料入園日のアナウンスはないようです。

深大寺は連休とNHKドラマ「ゲゲゲの女房」のロケシーンが放送された影響でしょうか、ものすごい人でした。13日放送の「ゲゲゲの女房」では紅葉の時期の深大寺のシーンが流れましたね。私はお昼休みに携帯電話のワンセグで「ゲゲゲの女房」を見ています。

深大寺のお隣の神代植物公園は藤の花、ぼたん、シャクナゲ、つつじが見頃で楽しめました。

コース 町田~多摩ニュータウン通り~関戸橋~多摩サイクリングロード~多摩川原橋~深大寺~神代植物公園~天神通り商店会~多摩川原橋~鶴川街道~町田

Dscf5932
多摩ニュータウン通りの新緑です。 新乞田橋から関戸橋まではゆるいくだり坂で気持ちよく飛ばせるので好きな道路です。

Dscf5936_2
多摩川サイクリングロード 河川敷が郷土の森公園バーベキュー場になっていて賑わってました。ここは駐車場、水道、トイレがあり、無料で利用できます。

深大寺参道近くにある「鬼太郎茶屋」です。1階はショップで目玉おやじの栗ぜんざいや、ぬり壁のみそおでんなどの妖怪メニューを味わえる喫茶コーナーがあります。今回、2階には行かなかったのですが水木しげる氏の作品紹介や妖怪ギャラリーがあることを帰宅してから知り、行けばよかったと思いました。

水木しげる氏は42才で商業誌デビューするまで極貧の生活を続けていて、生活のために本望ではないSF、ギャグ漫画、少女漫画を書いていて、奥様が涙したそうです。水木しげる氏が少女漫画を書いていたのは驚きですね。調布には40年以上住んでいるそうです。

Dscf5946

Dscf5947

Dscf5953
これは最近出来たようです。浮かび上がるような鮮やかな色でした。

Dscf5951
鬼太郎茶屋のメニューです。砂かけ寒天の砂は何?普通のビールもないようです…。

Dscf5958_2
お約束のパネル

Dscf5957
木の上にこんなものもありました。新緑が綺麗でした。

Dscf5967
深大寺の本堂前の表参堂です。人の多さが分かると思います。

Dscf5963
開福不動明王

Dscf5970
本堂です。深大寺は、奈良時代の天平5年(733)に満功上人が法相宗の寺院として開かれ、その後天台宗に改宗したという関東でも有数の古刹のひとつです。

Dscf5974
本堂横の新緑と紅葉が綺麗でした。中央の白っぽい木はナンジャモンジャです。木に雪が積もっているように見えることから英語名では「SNOW FLOWER(スノーフラワー)」と言うそうです。

Dscf5976
元三大師堂 天台座主・慈恵(元三)大師作の尊像を安置するお堂です。

Dscf5982
深沙大王堂 深大寺の山門より左手100mほど離れた木立の中にひっそりと建つ小堂で、ここに深沙大王立像が祀られています。

Dscf5944
弁財天池

Dscf5989
開山堂 深大寺は見所が多い場所ですね。

Dscf5984
境内全体が新緑に包まれていました。心が和みますね。

Dscf5995
神代植物公園の深大寺門です。ここから入園しました。

Dscf6001
神代植物公園 藤の花が見頃でした。

Dscf6024
藤の花が低い場所に咲いていたので近づくとほのかなあまり匂いがしました。藤の花に香りがあることを知りました。

Dscf6069
ぼたん園が見頃でとにかく種類が多かったです。

Dscf6072
島錦

Dscf6103
マッキーターズ・フレイム シャクナゲも見頃で鮮やかでした。

Dscf6121
クルメツツジです。

Dscf6133
花咲がいていませんでしたがドウダンツツジの新緑もいいですね。

Dscf6174
せせらぎの小路の新緑です。

神代植物公園では花の写真をたくさん撮りました。
この他の写真は→こちらの神代植物公園のフォトアルバムをお楽しみください。

Dscf6185
神代植物公園から調布駅に向かう途中の電気通信大学近くの小さな公園に見事な藤の花が咲いていました。神代植物公園より見事sign02

Dscf6187
この日は第20回世界コンピュータ将棋選手権が電気通信大学で開催されていました。現在、将棋ソフトは県代表くらいの実力があって、多分、99%の方が将棋ソフトに勝つことはできないと思います。最近ですとコンピュータソフトが負けましたが渡辺竜王に終盤まで互角に指して、実力を示しました。

今回、調布駅の近くの天神通り商店街に行こうと思っていました。通りには鬼太郎やねずみ男などのモニュメントあります。最初、調布駅に行ったのですが場所か分からず、あきらめたのですが駅前の通りの最初の信号を右折して直の場所に入り口かありました。

Dscf6188

Dscf6199
天神通り商店街の近くに水木しげる氏の事務所があるそうです。

Dscf6190
ねこ娘と一反もめん

Dscf6191
ねずみ男

Dscf6192
塗り壁

Dscf6196
ゲゲゲの鬼太郎

Dscf6198
モニュメントが壊されたことがあって、募金により復活したそうです。

帰りは多摩川原橋を渡って、鶴川街道で帰宅しました。深大寺と神代植物公園の新緑が印象に残った一日でした。

走行距離 47.0km

天神通り商店街

2010年5月12日 (水)

さがみ湖ピクニックランドの観覧車

いつも拝見しているブログでさがみ湖ピクニックランドの観覧車の写真を拝見して、2年半前の2007年12月24日のことを思い出しました。新聞販売店からもらった無料入園券(乗り物券1枚付き)があったので自転車で町田からさがみ湖ピクニックランドまで出かけました。一人で出かけた理由は観覧車に乗るためでした。観覧車は山の上にあるので空気が澄んだ日はさぞかし眺めが素晴らしいと思っていました。

ところが、観覧車のある頂上に向かうリフト乗り場で唖然としました。
「観覧車は強風のため、運転を休止します。」の張り紙が…。

それで、案内図を見ると展望台があったので行ってみると素晴らしい眺めでした。眺めが見事だったので観覧車に乗れなかったことは妙に納得して、帰った記憶があります。

「さがみ湖ピクニックランド」は経営母体が三井物産から富士急グループに譲渡されたため、現在は「さがみ湖リゾート プレジャーフォレスト」に名称が変更されています。

数枚ですが展望台から撮影した写真です。その後、新聞を購読しなくなったのでこれが最初で最後の写真になっています。

Dscf1203

Dscf1199
石老山方面

Dscf1200
津久井湖方面

Dscf1201

Dscf1198

展望台からの山々が連なった眺めがいつまでも眺めていたい感じの見事な景色でした。

走行距離 54.4km

2010年5月10日 (月)

丹沢 シダンゴ山へ新緑を見に行きました

5/9は車&登山で神奈川県松田町にある丹沢のシダンゴ山に行ってきました。ふもとの自然休養村センターの駐車場まで町田から車で行って、そこから登山しました。シダンゴ山は5年前に360度の景色を楽しめる展望の良い山であることを知って、一度は行ってみたかったのですが中々行く機会がありませんでした。昨日、いつも拝見しているHPで宮ヶ瀬の山々の素晴らしい新緑の写真を拝見して、新緑を見たくて、思い切って出かけることにしました。シダンゴ山登山は新緑が素晴らしく、山頂で富士山は見えませんでしたが360度の展望は絶景でした。

コース: 町田(車)~町田IC~大井松田IC~寄入口~自然休養村センター(駐車)~(登山)シダンゴ山~宮地山分岐~自然休養村センター(車)~小田原厚木道路~厚木西IC~町田

Shidangmap

Dscf6343
寄入口信号です。警官と腕章付けた方が大勢いたので何事かと聞いてみたら、皇室の方がお越しになるので予行練習しているとのことでした。皇室の方の車が一般道を走行するときは信号機のスイッチを押して、全ての信号を通過するまで青信号にしたままにして、止まらないようにするらしいです。

Dscf6345
寄入口から自然休養村センターまでは奥深い谷間の道で素晴らしい景色が広がり、山間、道の脇の木に山藤がいっぱい咲いていました。山間に咲く藤も中々いいですね。

Dscf6349
自然休養村センターです。ここの駐車場に車を止めたのですが後で気が付いたのですがセンターの方に一声かけた方がよかったようです。

Dscf6357
自然休養村センター前の大寺橋(出発点)

Dscf6355
大寺橋からの眺め 新緑が綺麗でした。

Dscf6358
最初の分岐です。シダンゴ山の方に進んで、宮地山の方から帰って来ました。(11時15分)

Dscf6377
新緑が新鮮でした。茶畑が多いです。

Dscf6376
大寺休憩所です。綺麗なトイレがありました。

Dscf6380_2
今回の登山で猪除けの柵までのこのコンクリートの農道が一番急勾配できつかったです。頂上までこんなきつい道が続くのかと心配したら、ご夫婦で登山されている方がここが一番きつい場所で登山道はたいしたことありませんと教えていただきました。頂上は見事なので是非行ってくださいとおっしゃってました。

Dscf6382
猪除けの柵の扉を開けると、そこから登山道です。

Dscf6386
頂上までこのような道が続きます。前を行かれる方が登山道はたいしたことはないと教えていただいたご夫婦です。

Dscf6397
杉林が途切れて低木が続くようになると、シダンゴ山の頂上はもうすぐです。 この木はアセビのようで防風用?に植えれたらしいです。

Dscf6398
シダンゴの頂上に到着しました。頂上手前が少し急でしたが登山道に入ってからは確かにたいしたことはありませんでした。(12時39分)

Dscf6399
シダンゴ(ウ)山由来の案内板がありました。

シダンゴ(ウ)山由来
シダンゴ(ウ)は古来震旦郷と書く。震旦とは中国の旧異称である。一説に欽明天皇の代、仏教を寄の地に伝える仙人があり、大寺の地、この山上に居住し、仏教を宣揚したという。当時、箱根明神岳や丹沢の尊仏山(塔ヶ岳)にも同様の仙人がおり、盛んに往来した形跡があったという。この仙人をシダゴンと呼んだことから地名が起ったといわれ、シダゴンとは梵語で羅漢(仏教の修行を積みさとりに達した人)を意味し、シダゴン転じてシダンゴウ(震旦郷)というようになったともいう。

Dscf6403

Dscf6426

Dscf6427
霞んでいましたがさえぎる物が何もない360度の展望は見事でした。来てよかったと思いました。

山頂から撮影した動画をお楽しみください。


Dscf6415
登山するときは保温ポットにレギュラーコーヒーを入れて、持ってきます。頂上で飲むコーヒーは格別ですから。

Dscf6404
頂上から宮地山の方向に向かいました。ここは富士山が見えるポイントらしいです。(13時34分)

Dscf6447
秦野峠・宮地山・シダンゴ山の分岐です。秦野峠の方に進むと虫沢林道を横切るのでちょっと様子を見に行きたかったですが家族と来たので行きませんでした。

Dscf6453
秦野峠分岐から少し進むと送電線の33番鉄塔がありますこの鉄塔の下をくぐって行きます。巨大な鉄塔です。

Dscf6461

Dscf6467
新緑のトンネルの中をゆっくりと歩きました。癒されますね。

Dscf6472
右の木のテープにタコチバ山山頂と書かれていました。ここは確かにピーク(頂上)でした。(12時39分)

Dscf6475
自然休養村センター・宮地山・シダンゴ山の分岐です。宮地山まではここから5分くらいですが山頂は視界がほとんどない場所らしいので自然休養村センター(駐車場)に行きました。(14時38分)

Dscf6476
宮地山・シダンゴ山の分岐案内板の傍にこんな案内板がありました。

Dscf6478
こんな山道を自転車(MTB)で走行する方がいるのかなあと思うくらい右側が急な崖でした。

Dscf6481
こんな感じで終日、新緑に包まれてました。

Dscf6483
ここも2重の猪除けの柵がありました。

Dscf6488
突然、山の中に茶畑が広がりました。

Dscf6492
お茶の新芽です。

Dscf6494
茶畑が広範囲にありました。

Dscf6498
真っ赤なツツジが見事でしたので撮りました。

Dscf6500
出発点の大寺橋に戻りました。(15時10分)

初めて、シダンゴ山に行きましたが頂上の展望が絶景なのでまた、来たくなりました。このような360度の展望の山は少ないです。今回は帰宅してもそれ程疲れが残りませんでした。新緑を歩いたことで疲れが軽減したのかも知れません。次回は是非、頂上から富士山を見たいですね。帰りは大和トンネルが事故渋滞していたので小田原厚木道路を利用して、厚木西ICで降りて帰りました。

2010年5月 8日 (土)

薬師池公園へ三尺藤を見に行きました

薬師池公園の三尺藤が見頃との情報が町田市HPに書かれていたので様子を見に行ってきました。ちょうど見頃で長さが1メートル以上はある感じでした。以前は藤棚の下に休憩用の腰掛けがあったのですが今年から花を保護するために中には入れなくなりました。花が長いので近づくとほのかな甘い香りがしました。

Dscf6335

Dscf6247

Dscf6250

Dscf6252
左上の藤は野田藤です。

Dscf6331

野田藤の隣に1本の八重黒竜藤がありました。

Dscf6277

Dscf6274

Dscf6280_2

Dscf6334
池には亀とカモが多いです。暖かくなると無数の亀が折り重なっているのを見ることができます。

Dscf6285
藤棚の全景です。それほど、広範囲には咲いていないです。

Dscf6264
藤棚の隣に咲いていたレンゲツツジです。ピークは過ぎていましたが綺麗に咲いていました。

Dscf6296
最近知ったのですがヤマモミジはこの季節に花を咲かせます。

Dscf6300
今日は公園内にある萬葉草花苑に行ってみました。

Dscf6303
萬葉草花苑 いちはつ

Dscf6309
萬葉草花苑 ヤマツツジ

Dscf6314
萬葉草花苑 シャクナゲ

Dscf6315
萬葉草花苑 えびね

Dscf6316
萬葉草花苑 しらんです。らん科の花みたいです。しらんだけ聞くとですと知らんsign02

Dscf6317
萬葉草花苑

Dscf6319
萬葉草花苑の隣にある旧荻野家です。モミジが鮮やかでした。

Dscf6321
左端の小屋は水車小屋です。ツツジはピークを過ぎていました。この場所は紅葉の時期には真っ赤になります。

Dscf6323
花の名前は分からないのですが水車小屋の周辺に広範囲に咲いていました。花の名前をご存知方は教えていただけますか。

Dscf6326
薬師池公園全体で新緑は段々と濃くなっている感じを受けました。

この後、大賀ハスの咲く場所に行ってみましたが何もない状態でした。薬師池公園は年間を通して、色々な花を楽しめるのですがこれからは花菖蒲、紫陽花が花を咲かせるので楽しみです。私はこの公園の紫陽花が気に入っています。

記事の表示形式を変更しました

記事に写真が多いのとアップロードする写真のサイズが大きいためでしょうか、記事を全て表示させると5件の記事で200MBのメモリを消費してしまうようです。このため、概要表示に変更しました。私のデスクトップPCは2GBなので問題ないのですが皆さんは最近、どれ位のスペックのPCをお使いなのでしょうか。弟が512MB+WindowsXPのノートPCなのでこれ位スペックの方も大勢いらっしゃると思っています。私が最初に使ったパソコンが沖電気のif800 model20という機種で8bit Z80A CPU 8MHz、メモリ 64KBで当時としては画期的な性能のパソコンでしたが隔世の感がありますね。確か、100万円位したと思います。

2010年5月 7日 (金)

伊豆 熱川温泉 旅行記 2日目 追記

伊豆旅行の2日目の記事ですが肝心な石廊崎灯台の写真がないことに気が付きました。記事を追記させていただきます。

Dscf5798

Dscf5826

Dscf5828
石廊崎灯台です。子供の頃来た時は灯台の下まで行けたのですが今は離れた場所からしか見ることができませんでした。昔は今では考えられないのですが灯台の先の崖が何も囲いがなくて、まさに断崖絶壁でした。

Dscf5833
石廊崎灯台の手前にある、2003年9月に閉園した「石廊崎ジャングルパーク」の跡地です。1969年から34年間、営業していた熱帯の森のテーマパークです。

Dscf5788
石廊崎港の遊覧船乗り場です。カラフルな色のフェリーでした。

Dscf5859
あいあい岬展望台の東側です。大きな岩の間を遊覧船が通ります。

車の走行距離は1日目が163km、2日目が248kmでトータル411kmでした。これだけ走行するとさすがに疲れまして、帰宅してから3日間は何もせずに過ごしました。

2010年5月 6日 (木)

伊豆 熱川温泉 旅行記 2日目

4/30の伊豆旅行の2日目です。今回は風景を見ることがメインの旅行にしようと思いまして、熱川温泉から南伊豆の石廊崎に行き、西伊豆の堂ヶ島を回って、伊豆半島を一周するコースでドライブしました。メインは堂ヶ島の洞窟めぐりの遊覧船に乗る予定でしたが…。

2日目  熱川温泉~尾ヶ崎ウイング~石廊崎~あいあい岬~堂ヶ島(食事)~旅人岬~修善寺~韮山~伊豆スカイライン~箱根新道~小田原厚木道路~東名高速~横浜町田IC

Dscf5773 ホテルの部屋から撮った日の出です。ちょっと間に合いませんでした。











1日目の記事で泊まったホテルは年数がかなり経っているホテルで設備でちょっと珍しい物を見ることができましたと書きましたが二つあります。

Dscf5775先ずはケロリンの洗面器。最初は白色だったとのことですが、汚れやすいという理由で昭和43年頃から現在の黄色になったとのことです。ですので40年近く前?の洗面器でしょうか。







Dscf5776次にエレベーターのボタン。クリックして拡大表示していただくと分かると思いますが当然あるべきボタンがないのです?最初に乗ったときは一瞬誰でも戸惑うと思います。○○るボタンがないエレベータがあるとは驚きでした。昔のエレベータはこういうものだったのでしょうか。それから、止まるときガタガタと物凄い音がするので他のお客さんが笑っていました。

Dscf5777尾ヶ崎ウイング。下田の少し手前にある小さな展望台です。目の前に広がる海が爽快でした。ちょっと休憩するにはいい場所でした。







Dscf5781












Dscf584311時くらいに石廊崎港に着きました。











Dscf5790ここから遊歩道を上って、石廊崎灯台まで15分位かかりました。かなりの坂道でしたが全面舗装されていたのでそれほど疲れませんでした。








Dscf5795石廊崎灯台の手前の石室神社、熊野神社の鳥居です。

Dscf5791
伊豆の最南端の石廊崎に来るのは子供の頃以来ですので40年振りくらいです。景色の美しさに魅了される場所ですね。

Dscf5808
何でこんな所にと思うくらい絶壁にある石室神社です。「石室」と書いて「いろう」と読みます。海上守護の神様を祀られている神社だそうです。中に入ると足元がガラスになっている場所があって、断崖絶壁であるのが分かりました。

Dscf5810
この岩の後ろに縁結びの神の熊野神社がありました。この日は強風で冗談ではなく、ちょっと気を抜くと海の中に飛ばされそうでした。ここは伊豆の最南端の場所です。

Dscf5802

Dscf5817_2
石廊崎からの眺めは見事な絶景でした。

石廊崎の絶景の動画をお楽しみください。最初に見えるのは絶壁にある石室神社です。最後に右端にちょっと見えるのが熊野神社です。


Dscf5844石廊崎の店先で甘夏ジュースをいただきました。注文してから、絞り機で絞るので新鮮でとても美味しかったです。









Dscf5847_2













Dscf5849

Dscf5855
石廊崎から車で10分かからない場所の「あいあい岬展望台」に寄りました。ここも、絶景でため息が出るくらい素晴らしかったです。中央に小さく見える浜が「戸外浜」で、海水浴の季節には港の入り口に渋滞ができるそうです。

Dscf5870
13時半に一番楽しみにしていた、堂ヶ島の洞窟めぐりの遊覧船乗り場に行くと、「欠航」の掲示が…。この日は確かに波が荒れていましたが石廊崎の遊覧船は運航していましたので大丈夫と思っていたのですが…。石廊崎の遊覧船に乗ればよかったと思っても後の祭りでした。お店の方も連日欠航だそうで商売上がったりだと言ってました。

遊覧船からの堂ヶ島の天窓洞の眺めは日本の青の洞窟と言われるくらい美しいらしいので楽しみにしていました。じゅうらんのHPを見るとこんな感じの眺めです。

Dscf5900_3

Dscf5874_2
それで、上から天窓洞を眺めることにしました。昭和10年、天然記念物に指定された天窓洞は、凝灰岩でできている海触洞くつです。遊覧船はこの下を通ります。

Dscf5876_2

Dscf5877
トンボロ現象 干潮時でしたので歩いて島に渡っている方がここから見ることができました。

Dscf5884_3

Dscf5888_2
伊豆の松島と言われると案内板に書かれていましたが伊豆随一の景勝地ですね。

Dscf5871
左奥の海岸に子供の頃、海水浴に来たことを思い出しました。

Dscf5896
手前の岩は亀岩です。

Dscf5906
加山雄三ミュージアムです。ここは遊覧船の駐車場としても利用できます。

Dscf5909_2

Dscf5914

Dscf5916_2
遊覧船に乗れなかったので最後に土肥の少し先にある旅人岬展望台に寄りました。土肥の温泉街の建物が見えます。向かいに小さなホテルがあって、一緒に行った妹がここに宿泊したことがあるそうです。

Dscf5926
修善寺の少し先で今回の旅行で初めて、富士山を見ることができました。
(画像はクリックで拡大します)

R136をそのまま直進して、沼津ICに入る予定でしたが渋滞を回避するためにいちご狩りで有名な韮山から伊豆スカイラインの韮山IC経由で帰ることにしました。ここで、ちょっとしたハプニングがありました。韮山から韮山ICまで12キロのかなり勾配のきつい上り坂なのですが十分にガソリンがあると思っていたら、伊豆スカイラインに入ってからガソリンが少ないことを示す警告灯が点灯してしまったのです。上り坂は思っている以上にガソリンを消費するようで、何もない伊豆スカイラインでのガス欠は笑いごとでないのであせりました。運よく、箱根峠ICの傍にガソリンスタンドがあって、助かりました。伊豆スカイラインに入ってからは、渋滞もなく無事帰宅することができました。今回の旅行は絶景三昧でしたが贅沢と言われそうですが絶景ばかりだと何かもの足りない感じがしました。遊覧船に乗れなかったせいもありますが展示館とか、テーマパークに一箇所位は寄った方がよかったと思いました。石廊崎と堂ヶ島はお勧めの場所ですね。長々とつまらない記事をご覧いただきまして、ありがとうございました。

堂ヶ島

2010年5月 4日 (火)

神代植物公園のアルバムを作成しました

本日、自転車で深大寺、神代植物公園に行ってきました。藤の花、ぼたん、シャクナゲ、ツツジの綺麗な花々を見ることができました。記事は後日書かせていただきますが神代植物公園のフォトアルバムを作成しました。分かる範囲で花の名前を入れました。藤の花は藤棚でない低い場所に咲いている花があって、ちょっと変わったほのかな甘い香りがすることを知りました。アルバムのリンクは左サイドバーの「神代植物公園 2010.05.04」です。

2010年5月 3日 (月)

伊豆 熱川温泉 旅行記 1日目

4/29~30は伊豆へ家族と車で旅行に行ってきました。4/21に熱川温泉のあるホテルに電話すると4/29は空室があるとのことなので予約しました。一日目は小室山つつじ祭りと橋立吊り橋に行きました。二日目は熱川温泉から石廊崎、堂ヶ島と伊豆半島の海岸沿いを一周しました。今回の旅行は風景を見ることがメインの旅でした。

一日目  横浜町田IC~厚木IC~小田原厚木道路~箱根新道~伊豆スカイライン~旅の駅ぐらんぱるぽーと(食事)~小室山公園~橋立吊り橋~熱川温泉

Dscf5596 箱根新道 山崎ICです。ここで高速道路の関係者の方に利用目的などを聞かれるアンケートを受けました。先月まで実施されていた料金割引の社会実験のアンケートのようでした。






Dscf5599旅の駅ぐらんぱるぽーとに11時半に着きました。










Dscf5600 旅の駅のレストランの入り口でB級グルメの「ちんちん揚げ定食」を勧めていました。試しに食べてみようということでここで昼食をすることにしました。ここは自動販売機で食券を買えるので「ちんちん揚げ定食」をくださいと言わなくてすみます。





Dscf5602 ちんちん揚げとは伊東の郷土料理でさばとイカをすり身にしたものに野菜をいれて混ぜたものを油で揚げたものです。油を熱するときに使う擬音「ちんちん」という言葉から、ちんちんの油で揚げるので「ちんちん揚げ」と言われているそうです。味はさつま揚げという感じで美味しかったですがB級グルメとしてはインパクトがない味でした。昔からある郷土料理なのでしょうが女性が注文するのは微妙なネーミングですね。

Dscf5608ここは足湯があって、足拭き用のペーパーが用意されていますの気軽に入れます。丁度いい湯加減です。








Dscf5698旅の駅ぐらんぱるぽーとから車で10分位の場所にある小室山公園に行きました。この日から5/5までつつじ祭りが開催されています。観光客がとても多かったです。






Dscf5629_4

Dscf5626_2

Dscf5690


Dscf5682_2
以前来たときは7月でつつじは咲いていませんでしたが、つつじがちょうど見頃で見事に咲いていました。壮大なつつじのじゅうたんに感動しました。3.5hの広さに40種10万本のつつじだそうです。

Dscf5625
この階段を上って、小室山リフト乗り場に向かいました。

Dscf5635
リフトの両側のつつじも満開でした。ここで驚いたことに行きに1回、帰りに2回、乗車中にリフトが停止しました。どうも、お年寄りが乗るときに危険を回避するために止めていたようです。突然、リフトが止まるので撮影しているとカメラを落してしまいそうでした。

Dscf5661 円形の建物は小室山頂上の展望台です。













小室山頂上の展望台から撮影した絶景をお楽しみください。最初に写っている小さな島は初島です。途中、リフトの下方向につつじ祭りの会場が見えます。この日は強風で木がものすごく揺れているのが分かると思います。最後に支柱の後ろにある山が大室山です。



Dscf5640
頂上から初島が見えました。

Dscf5652_2
展望台からの眺めは絶景でした。大島がうっすらと見えました。

Dscf5669
つつじソフトクリームです。ソフトクリームを手に持った写真を記事で見ることが多いですが私がこういう写真を記事に載せるとは思いませんでした。私たちが買う前のお客さんが強風でソフトクリームが崩れて落下していました。

Dscf5699小室山公園から伊豆高原駅に近くにある、橋立吊り橋に行きました。有名な門脇吊り橋は何度も行ったことがあるので今回は訪れる人の少ない橋立吊り橋に行きました。
無料の観光駐車場に車を止めました。







Dscf5703_2気持ちよい新緑の中を15分くらい歩くと橋立吊り橋に着きます。










Dscf5736
橋立吊り橋に向かう遊歩道の横の対島川は滝と思わせるような激流になっていて、もし落ちたら、海まで運ばれちゃうねと話しをしながら散策しました。

Dscf5708
長さ60m高さ18mで、門脇吊り橋より長いのですが渡ったときは私たちだけでしたのでそれほど揺れることはなかったです。

Dscf5711
吊り橋からの眺めは素晴らしかったです。

Dscf574116時にホテルに着きました。ホテルは山側にあったので部屋から眺めは温泉街を一望できました。









Dscf5757_2温泉街を散策しました。新緑が綺麗でした。










Dscf5755_2伊豆熱川駅の前の川に鯉のぼりが飾ってありました。










Dscf5764伊豆熱川駅の隣にある熱川温泉資料館前の足湯です。










Dscf5762_2熱川温泉資料館の隣にある駅前浜田源泉です。源泉は温泉内に何箇所もあって、源泉の温度は100度近いためにどれもこんな感じでいきよいよく湯気があふれ出ていました。




















泊まったホテルは年数がかなり経っているホテルで設備でちょっと珍しい物を見ることができました。それは後日、二日目の記事で書きたいと思います。

小室山公園

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 

  •  

twitter

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品