無料ブログはココログ

ブックマーク

« 城山かたくりの里を散策 | トップページ | 品川駅港南口の風景、新緑の季節 »

2010年4月19日 (月)

羽村市チューリップまつり会場から迷走して多摩森林科学園へ行く

4/18に羽村市チューリップまつり会場から羽村の堰を少し見て、帰宅途中にある多摩森林科学園に向かいました。羽村の堰から少しの距離ですが多摩川CRを走りました。途中から奥多摩街道に戻ったのですが後から調べたら、多摩川CRで拝島橋まで行けたようです。多摩森林科学園はR16の浅川橋から南浅川CRに入れば、20分かからないで行けると思っていました。南浅川CRは高尾から浅川橋方向へは3回以上走ったことがあるので道に迷うことはないと思っていました。南浅川CRを少し進むと川がTの字に分岐していて、南浅川CRは直進できず、左に進んでいました。直進すればよかったのですが左に進んだ最初の信号を右折して、左折、右折すると陣馬街道の標識がありました。あれ、陣馬街道は和田峠へ行く道なのでおかしいと思い、左の細い道に入って進むと中央道の下に出ました。そこで、道を聞くことはほとんどしないのですが迷い込んだ感じがしたので近くを歩いていた方に町田街道に行きたいと訪ねて教えてもらい、何とか南浅川CRに戻ることができました。

Dscf5091 久しぶりの南浅川CRです。終点近くの綾南公園では名残りの桜が咲いていました。










 


綾南公園から5分くらいで多摩森林科学園に着きましたが浅川橋から40分位かかってしまいました。ここは5年くらい前に一度、車で来たことがあります。自転車の駐輪場はないようで入口の歩道に止めました。 日本各地のサクラの遺伝子を保存するための林があり、8haの敷地に全国各地の桜約1,700本の桜が植えられています。

Dscf5273 多摩森林科学園の入り口Dscf5097
遊歩道の入り口に楊貴妃が咲いていました。

Dscf5101
桜の開花時期は種類により異なりますが都心部のソメイヨシノの開花時期よりも半月ほど遅れた4月中旬頃が見頃になります。こんな感じで多くの品種が地味に咲いています。今年は全体的に開花が遅れている感じでした。

Dscf5119
大島桜がちょうど満開でした。

Dscf5128
コマツナギ

Dscf5130
有明です。とにかく種類が多く、見かけない品種が多いです。

Dscf5137
ここは50人以上座れる休憩用のベンチがある場所からの眺めです。

Dscf5155
花びらが黄緑色の御衣黄ですがほとんど咲いていませんでした。中央の枝の左端に数輪咲いています。フルサイズで表示されると黄緑色の花びらが確認できると思います。これが見たくて訪れたのに…

Dscf5157
ホタテ 花びらの形から名が付いたのでしょうか。

Dscf5166
ジュウニヤエザクラ

Dscf5182
緑桜 太陽光にかざしてみると緑色に見えるそうです。

Dscf5196_2  
山頂付近にヤマベニシダレが咲いていました。

Dscf5205
白山大手毬 花が密集して手毬に見えることからこの名が付けられたそうです。

Dscf5229
三カ日桜は遠くからも目立ち、見応えがある桜でした。

Dscf5252
中央に枝垂桜が咲いています。

Dscf5262_3
ヒカゲツツジが出口の近くに咲いていました。

Dscf5266
多摩森林科学園内の森の科学館に展示されていた御衣黄の花びらです。

多摩森林科学園に着いたのが14時35分で閉園が16時でしたので時間に余裕がなくて、ゆっくりと見れませんでした。桜を見ながら散策すると2時間位は必要です。御衣黄ですが帰宅してから調べると帰り道の町田街道から近い場所にある、富士森公園に咲いていたみたいでした。後、私がいつも拝見するブログでも町田ぼたん園で御衣黄が綺麗に咲いていることを知りました。

走行距離 70.5km

多摩森林科学園

« 城山かたくりの里を散策 | トップページ | 品川駅港南口の風景、新緑の季節 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 城山かたくりの里を散策 | トップページ | 品川駅港南口の風景、新緑の季節 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

 

  •  

最近のトラックバック

楽天商品

楽天商品

アナログ時計